【サッカーパック人気1位】 【J2うぉっち】運命の終盤戦へ:J2優勝、自動昇格の行方を展望する

山梨フットボール

【無料記事 5月2日の練習場から】

【無料記事 5月2日の練習場から】

大な勝利を挙げた神戸戦からはタイトなスケジュールが続くために、紅白戦形式の戦術確認は神戸戦翌日には行わず、YBCルヴァンカップ第4節横浜FM戦の前日に行った達磨ヴァンフォーレ。リーグ戦に絡めていなかった選手にとっては大事な試合だし、グループリーグ突破のためにも勝利が必要な試合。吉田達磨監督は「メンバーからしても、全てにおいて相手の方が力があると思う」と話すが、それを何とかするのがヴァンフォーレの矜持だし、何とかしてきた実績も十分。神戸戦で掴み・生まれた、自信や高揚感を横浜FMに挑む勇気に変えたい。

5月2日の練習からウォーミングアップに山本英臣が復帰。連戦で今後疲弊が予想されるだけにキャプテンの戦力化は待ち遠しい。手前のボザニッチ・オリヴァーはこの日オーストラリアから彼女が来日。「エキサイティング!」で、ルヴァンカップではいいとこ見せたい。

 

ウイルソンもウォーミングアップに合流。若干大型化している点が気になるが、河本明人や堀米勇輝の活躍は刺激になっているはず。

 

新井涼平もウォーキングを開始していた。リハビリをする選手の隣には”変な走り方”でお馴染みの服部巧トレーナー。選手の心を癒す効果もある”変な走り方”…。谷真一郎フィジカルコーチ考案の「タニラダー」を一度やってみてほしい…。

 

今日のクマちゃん(熊谷駿)。屋内でのリハビリが続いて、肌が白くなっているのを気にしてか、「今日は焼きます」と短パンを捲り上げている。「シロクマ」って、陰口が聞こえたのかも…。

 

「リヨウ、球拾いする?」と吉田達磨監督に声を掛けられて、リカバリー後にルヴァンメンバーのシュート練習で球拾いをする新里亮(背中)。新里だけでなく、兵働昭弘、小椋祥平も球拾いをする豪華なシュート練習になった。こういうことができるのはチームの雰囲気がいいから。改めて神戸戦の勝利は素晴らしかった。

 

5月2日の甲府周辺は綺麗な青空。3日のルヴァンカップも晴れの予報なので、みんなで機嫌よく熱く戦いましょう。

(取材構成/松尾潤)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック