『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

山梨フットボール

前節は敗れたけれど、雰囲気や自信に影響なし。今節もいい雰囲気【無料記事 5月18日の練習場から】

5月18日の練習場から

 

本格的な広島戦準備となった5月18日の練習は韮崎中央公園。サイド攻撃が特徴の広島に対して、練習ではサイドを意識した指示が多く、本番での攻防が見どころになりそう。また、ケガ人の復帰もスピードアップしていて、新井涼平は本気かどうかわからないけど、「広島戦に出るつもりで準備してきたんですけどね」くらいの急回復。また、肉離れが思ったより長引いたGK河田晃兵もここにきて急速に回復基調。黒木聖仁もランニングのスピードはかなり速くなってきた。広島戦から始まる5連戦の間に完全合流して出場する選手も出てくるかもしれない。まずは、ホーム広島戦。広島サポーターの思いを上回る思いをぶつけ、敬意をもって戦いたいが、少なくともピッチで戦う選手はいい雰囲気でアラート。

練習開始前の時間をリラックスして過ごす選手たち。桜の季節が終わると山梨は新緑の季節。韮崎の景色も緑が濃くなって、見ているだけでエネルギーを貰えそうな力強さがあり、美しくもある。

 

広島のサイド攻撃への対策。細かい指示を出すよりもイメージを持たせるトレーニングと感じた。

 

新井涼平はフルパワーでキックをするなど、完全合流に向けて最終段階。

 

GK河田晃兵も久しぶりにキーパーグローブをはめて部分合流。「(リハビリ中は)筋トレばかりしていたから上半身は史上最高の仕上がり。(ケガをした下半身は)ケツ以外はノータッチ」という。色が白くなったことを指摘すると、「マジックで塗ってきます」と冗談も回復。

 

そろそろ2点目を決めそうなドゥドゥは、スパイクに付いた芝生を飛ばすエアーコンプレッサーで髪の毛をシュッシュしておふざけ。鼻の穴に入れているように見えるが、さすがにそこは入れていない。

 

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ