【サッカー人気3位】【J2箱推し宣言!】岡山パウリーニョ、…

山梨フットボール

吉田達磨監督、「今日は恥ずかしい、恥じなものを見せてしまった」【無料記事 J1第14節 吉田達磨監督会見】

【J1第14節 吉田達磨監督会見】

試合は90分あって、前半の自分たちはとても恥ずかしいもので、プレーしない、誰もボールを受けない。それでは誰も満足も納得もできないものですし、当たり前ですが、自分たちのチームを応援してくれるファン・サポーターが僕たちに誇りを持つことなんてできない。そういうところを直さないといけない。そいう自分たちの甘さ、私自身の甘さ――プレーができると思ってここに来たけれどできなかった――そういうものを取り戻すというか、身に付けるところからスタートしないといけないと感じた45分。

と、言っても(前半は)1点ですから。与えたのは1点でこれが浦和、川崎F、G大阪と戦って前半0-1で帰ってきたら、おそらく「まだいける」と思うはずですが、順位が近い相手との1失点ですごく落胆していることを感じた。何が違うんだと。ヴァンフォーレにとって対戦相手を選んでいる場合ではない。落ち込んでいる場合でもない。0-1,0-2の前半なら妥当だと思う。そういった謙虚さが私にも足りなかったですし、もっとアグレッシブにプレーして、もう少し相手ゴールに近づけてということを想像してここに来ましたから。イメージも自分たちの今置かれている状況を少し大きく見てしまっていたところはあると思います。自分たちは(仙台の)下にいるということ。力も順位も。今日3失点しましたから(得失点が更に)マイナス3点になり、定位置に戻りつつある自分たちをここで食い止めないといけないと思っています。

(後半)いい入りをして(にもかかわらず)、10人になって反撃の糸口がセットプレー数本しか見出せないという形で終えましたが、後半の自分たちがちょっと落ち着いて入る、そういったところをその気になればできるというところは持っているわけだし、その気になったときに技術的なミスが出るようなら真面目に練習しないといけないし、コントロールしてパスをするというのはサッカーで一番多いプレーでですけど、コントロールしてパスが出せない、コントロールしてパスがどっかに行く、コントロールできない、マークを外せない、こういったことはプロとして即刻修正すべきことなので、僕のトレーニングに問題があり、彼らがいい姿勢でトレーニングできるようにやっていきたい。

代表のブレイクを挟んで次は柏レイソル戦。今日、浦和と夜対戦しますが、レイソルを分析してどうのこうのというよりも自分たちが、プロのチームだという証拠を見せないといけない。それを取り戻すために頑張らないといけない。バスツアーなどで多くのファン・サポーターに来ていただき、最後は「頑張れよ」と励ましてもらったが、今日は恥ずかしい、恥じなものを見せてしまった。負けるにしてもいい負け方を選ばないといけない。そういったことをファン・サポーターに見せられるようにやっていきたい。

 

――前半、プレーができなかった理由は?

「山本(英臣)選手からボールを拾って、ボールを拾いに来る人がいなくて、クリアなのかパスなのかよくわからないハッキリしないプレーが続いて、何人かが機嫌が悪くなって、何人かが頑張ろうとしていた…。ボールを持ってプレーする時間がないとクロスのところもそうですが、守らないといけない自分たちの守備の仕方やエリアがプレーできないことで乱されていた。プレーできないというのはボールを欲しがらなかった。マナーを守らなかったことが全てだと思う」

――速攻の意識が強すぎたことが理由ですか?

「そこは否めないと思います。カウンターで抜け出せそうなシーンは確かにありました。ただ、どこでそのスイッチを切るとか、いつ狙うとか、狙うべき時に狙って、パスを繋ぐべき時に…パスを繋げと言っているわけではなく、受けろと言いたいだけなんで、カウンターのイメージはありますが、そうじゃなくて、ボールを拾って拾ってということはいつも言っているし、やってきている。そこが少し足りないスタートになり、足りないものが更に恐怖を生んでプレーできなかったと思います」

――ドゥドゥを入れて4枚にしたDFラインはどんなマネージメントや選択があったのか?

「何とか頑張って守り切って0-2で終わるのか、1点を返すのか。ドゥドゥと道渕(諒平)には4枚を助けなさい、時々助けろと話した。ただ、前に人間がいないことにはどうにもならないのでそれは彼らに伝えて、伝わり切ったかどうかは分かりませんが、10人の戦い方はもう少し明確に持っていないといけないと率直に思っています」
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ