『サッカーパック』37メディアが1550円で読み放題

山梨フットボール

バウルの意思を継ぐ男なのか…丸刈りの短さを競う時代にイン【無料記事 2月2日の練習場から】

【2月2日の練習場から】

頭を剃り上げた今津佑太。後ろで笑う島川俊郎は4ミリスタートでインパクトを出したものの究極の丸刈り登場に――意識していないと思うが――何を思う…。「汗が目に入るのに…」くらいかも。

バウルの意思を継ぐ男なのか…丸刈りの短さを競う時代にイン

 

2月2日の午前練習にいくと「バウル?」と思う頭を発見。で、ピントを合わすと今津佑太。昨日の夜に剃り上げたんだと思うがミリ以下で島川俊郎を凌駕。島川俊郎によると「剃り上げると汗が目に入る」そうだが、今津は気にならないんだと思う。バウル(土屋征夫、東京23FC)の闘争心を継ぐならあと20年はできる。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック