山梨フットボール

「ファン・サポーター、モノ言うスポンサー様の忍耐力あるサポートに応える勝利を挙げるのは今」【J2第9節 甲府対松本 PV】

バルセロナ時代のネイマールみたいに髪型をちょくちょく変えるジュニオール・バホス。今節もバホスのカウンターが効いてこそ他の武器が活きてくるので、まずは1発決めてほしい。

 

2018明治安田生命J2リーグ第9節 甲府対松本 甲府先発予想布陣

【2018明治安田生命J2リーグ 第9節 甲府対松本 プレビュー】

2018年4月14日(土曜日)甲府対松本(14:00 KICK OFF/山梨中銀スタジアム)

◇◇◇◇◇

「ファン・サポーター、モノ言うスポンサー様の忍耐力あるサポートに応える勝利を挙げるのは今」

ームは確実にいい流れに入っているのに、前節の水戸戦(1-1△)はハーフタイムに呆れるほど見事に風向きが変わって90分間風下という不運や判定云々という余地も加わる引き分けで、勝利という結果を掴めず…。今節は、新井涼平のケガ、河田晃兵(4月末から5月上旬に復帰見込み)、金園英学(復帰見込み時期不明)の筋肉系の故障というアクシデントがあっても、チームは今もいい流れにいる。だからこそ、チームにもファン・サポーターにもモノ言うスポンサー様にも、納得、満足、心が落ち着く勝利が欲しいし、必要。それがなければ、どんなに正しく努力をしてきても、成果として認められない。チョットしたことかもしれないけれど、チョットチョットのチャンスを連続して掴み損ねることは、結果として正しいことをして悪い流れを作り出すのと同じになりかねない。

節は、外国人枠(3人まで出場できる)で開幕時は4番目の立ち位置だったジュニオール・バホスが――ジネイの出遅れで開幕戦はメンバー入りしたが――リンスに次ぐ2番目の地位となって先発。ジネイはそれによってメンバー外という変化。リンスの復帰で外国人というか、4人のブラジル人の序列・起用がどうなるのかと思っていたけれど、バホスの個はカウンターという武器の中で今、最もチームに必要とされる要素。

(残り 1269文字/全文: 2198文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ