『サッカーパック』37メディアが1550円で読み放題

山梨フットボール

「ケガ人が出て10人の時間が長くなったので選手は少し消極的になったと思う。そのあとは積極的になってよくやってくれた」上野展裕監督【無料記事 J2第14節 甲府2-1栃木 コメント】

「ケガ人が出て10人の時間が長くなったので選手は少し消極的になったと思う。そのあとは積極的になってよくやってくれた」上野展裕監督

選手たちはファン・サポーターの皆さんの後押しのお陰で勝つことができました。選手はよく頑張りました。今日も沢山の後押しをして下さり、ありがとうございました。試合は1点、2点と先制をしていい状況でしたが、(ジュニオール)バホスがアクシデントで交代となりました。自分たちの流れをもっと設けないといけなかったが、失点後も選手は最後まで踏ん張ってくれました。後半は「(千葉戦や山口戦のように最後に追いつかれる不安)またか…」と思われたかもしれないですが、セットプレーのところで選手は最後まで踏ん張ってくれました。

――なかなか勝てなかったホームゲームで初勝利しました。この勝利をどうつなげたいですか?

次の試合に向けて集中して、カップ戦を集中して戦い、一試合ごとに積み重ねていきたいです。

――バホスが交代してからの攻撃については?

少し受け身になったというか、積極的な姿勢に少し欠けたと思います。いい状況でしたし、それを繋げていけばいいと思う。ケガ人が出て10人の時間が長くなったので選手は少し消極的になったと思う。そのあとは積極的になってよくやってくれたと思います。

――後半、ベンチからラインを上げるように指示が出ていたが、体力的にきつかったから上げることが難しかったのか?

体力的なものもあると思うが、ラインを高く保つことを選手にはもう一度取り戻してほしいと思いました。そうすることでアクシデント的な失点はなくなると思います。選手は少しでも押し上げてくれて、小出(悠太)を中心によくやってくれた。

――バホスのケガについて?

まだ報告を受けていません。

――バホスのゴールについて、それぞれの評価は?

トレーニングでやっていることと――その変形ですが――それをよく理解して、彼のスピードが加わったいい得点だったと思います。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック