山梨フットボール

「静かに始まったルヴァンカップ準々決勝・U-21枠を巡る新しい競争」【コラム&インタビュー】

現在練習参加中の中山陸(右)と井上樹(左)。ルヴァンカップ準々決勝出場の可能性がある2人がどんな競争を繰り広げるのか注目だ。

「静かに始まったルヴァンカップ準々決勝・U-21枠を巡る新しい競争」

9月5日と9日に行われるYBCルヴァンカップ準々決勝・柏戦を語る状況にはない14位・甲府だが、ルヴァンカップのレギュレーションであるU-21枠を巡る未来を見据えた戦いは静かに始まっている。第28節・A金沢戦、第29節・H愛媛戦、第30節・A京都戦、第31節・H町田戦とルヴァンカップ準々決勝前にリーグ戦が4試合あり、その結果次第でどんなテンションでこの2試合を迎えることになるのかは分からない。しかし、今季のルヴァンカップで、U-21枠で起用されて序盤戦で2ゴール挙げて流れを作ったFW森晃太が鎖骨骨折(8月7日練習中)で恐らく全治1~2ヵ月。この残念なケガがなければU-21枠を使うのは99%森だったといっていいと思うが、残された21歳以下のプロ契約選手は入間川景太(19歳)のみ。競争の流れが変わることになる。

2シーズン連続で大きなケガをしてしまった森晃太(右の鎖骨骨折)。残念で気の毒だが、手術で鎖骨にプレートを嵌めるそうで、骨が繋がるのを待つよりは治りが早いので、1日も早い復帰を期待する。

 

暑さで体重が少し落ちている感じがする入間川景太だが、プレーには強さが出ている。フルに練習参加ができない2種登録のU-18の選手や中山陸(東海大相模高)にチャンスを譲る気がないことをプレーで見せつけてほしい。

(残り 1136文字/全文: 1991文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ