サッカーライター大忘年会 12/20(木)渋谷で開催

山梨フットボール

「山梨ならではの贅沢。練習後は巨峰のぶどうジュース」【無料記事 練習場から】

3連勝を支える佐藤和弘。練習後に珍しそうにぶどうジュースの味を確かめていた。疲労が蓄積する状況だが、貴重な栄養補給になった。

巨峰のぶどうジュースが気に入ったのか、エデル・リマは自ら注いで飲んでいた。ニューヨークヤンキース的なランニングを着て、一升瓶を持って中身(ぶどうジュース)を紙コップに注ぐ姿は、国籍を越えて「ザ・おっさん」感が出る。日本の酒飲みのオッサンみたい…。

「山梨ならではの贅沢。練習後は巨峰のぶどうジュース」

フルーツ王国山梨のツートップは桃とぶどう。ぶどうの時期もそろそろ終わりに近づいてきたが、10月9日には高級品種・巨峰で作った贅沢なぶどうジュースの差し入れがあった。シャインマスカットや巨峰などの高級ブドウは選手も大好きだが、それをジュースで飲む経験は少ない。生産者であるぶどう農家だからこそ1~2割は出てしまうアウトレット的な“はね出し”の高級品種を使ってジュースを作ることができる。山梨ならではの贅沢な経験だ。

噂ではぶどうには不自由しない曽根田穣もぶどうジュースをゴクゴク。東京V戦(1-0○)はかなり疲労したようだが、ポリフェノール的な栄養素で回復したはず。

今津佑太の出身地・南アルプスはぶどうの名産地ではないので、ぶどうジュースやぶどう本体の差し入れは嬉しい…みたい。

ジュニオール・バホスには東京V戦の活躍を評価してMVP賞として巨峰が贈られた。

残念ながら長期離脱になってしまった湯澤聖人もぶどうジュースを飲んでちょっと元気に。「人として獣ですから早く治します」とポジティブに切り替えていた。

最後まで自主練習を行っていた”点取りたい屋”の3人(左から道渕諒平、森晃太、堀米勇輝)も巨峰を摘みながらぶどうジュース。かなり贅沢な練習後デザートになっていた。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題