山梨フットボール

「一戦必勝」【2018明治安田生命J2リーグ 第36節 栃木対甲府 プレビュー】

19日(金曜日)は他の練習場が芝生の養生やイベントで使用できずに城福浩監督時代(現・広島監督)に使ったことがある韮崎市営Gで練習を行った。芝生は悪くないものの、少しデコボコした感じがあり今節戦う栃木県グリーンスタジアムの”荒れている”と言われているピッチの――狙ってはいないが――シミュレーションになった…のではないか。

 

2018明治安田生命J2リーグ第38節 栃木対甲府 甲府先発予想布陣

2018年10月21日(日曜日)栃木対甲府(14:00 KICK OFF/栃木県グリーンスタジアム)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

「一戦必勝」

島戦の素晴らしい勝利(1-0○)を誰もが喜んでいるが、先発じゃなかった選手や遠征メンバーに選ばれなかった選手は、「中2日の試合でもチャンスがないのか…」と落胆した試合でもあったと思う。リーグ戦とルヴァンカップを並行して戦うことで最初から選手の数は多く、リーグ戦が上手くいかないことで夏に補強した選手も多く(4人)、どうしても試合に出られない選手の数は多くなる。甲府だけ5-4-2や4-4-3とかのシステムは許されないので仕方がないが、落胆が――少なくとも見た目の――チームの雰囲気にほとんど影響していないことは選手のプロ意識とコーチングスタッフの配慮があってのこと。

(残り 1411文字/全文: 2095文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ