鹿児島とたこ焼きとTENGA(海江田哲朗)【J論】

山梨フットボール

上野展裕監督「負けたことは残念だが、これを糧に天皇杯に向かっていきたい」【無料記事 J2第42節 甲府0-1横浜FC コメント】

「負けたことは残念だが、これを糧に天皇杯に向かっていきたい」上野展裕監督

今年1年でのJ1復帰を目指して全員で取り組んできましたが、叶わず申し訳ありませんでした。厳しい過密日程の中でケガ人が多く出たことがチームとして苦しかったが、選手はその中でも全力でやってくれたし、新しい力も出てきました。このことがこれからの甲府に繋がっていくと思います。甲府はポテンシャルを持ったクラブだと思います。なので、どんどん皆さんで大きく、来年の目標に向けて、皆さんと進んで行きたいと思います。天皇杯が残っているので最善の準備をして臨んでいきたい。

試合はシュート数が、我々が6本、横浜FCが4本ということでした。決定機会がお互いに少なかったですが、カウンターで惜しかったチャンス、向こうにもチャンスがありました。お互いに堅い試合になったと思います。そういう状況でも決められるように、個々の力を磨いていければなぁと思います。負けたことは残念ですが、これを糧に天皇杯に向かっていきたい。

――堅い試合になることは予想されました。セットプレーの確認を念入りにやっていたなかで、セットプレーから失点したことはどう受け止めていますか?

スタッフも選手もセットプレーの練習を物凄くやってくれています。(セットプレーからの)失点数は少ないと思います。(失点シーンを)ビデオで振り返ってみたいですが、(窪田)良はシュートコースに入ったと思います。そこをすり抜けて行ったのは横浜FCの勝ちたい気持ちが上回ったのだと思いました。

――J1昇格のために何が足りなかったと考えますか?

一番は当然私の力不足があります。その次に、(ケガ人が多い)極端な時に極端な過密日程はクラブとしてキツかった。ケガ人が多く出たことも昇格できなかった一因だと思います。

――ケガ人が出た中でもやらないといけないですが、戦術的にどういうところが足りなかったと思いますか?

戦術的ですか…。夏場に故障者が沢山出ました。厳しい日程の時に引き分けにできる試合もありましたし、勝てる試合もありました。それを振り返るときに、守備の構築をもっと進めることができればよかったと思います。決め切ることも課題だったと思います。

――来シーズンに向けての話がありましたが――クラブとの話し合いになると思いますが――(ご自身の)去就については?

それ(来年の話の部分は)は私とは全く関係ありません。クラブは(現場やフロント等の個々の集合体として)一番大きいですし、クラブとしての話です。ファン・サポーターの皆さんのこともそうです。この間、昇格の可能性がなくなった時点でヴァンフォーレ甲府というクラブは次に向かっています。それが来年の昇格に向かって進んでいるということだと思います。その動きのなかで、私がどうのこうのや私の去就は全く関係ありません。今の時点で私が(監督という)襷を受け取っていますので、それを誰かに渡す、どうなるのかは、今は分かりません。

――ご自身の気持ちとして、もう1シーズン戦いたいという思いは?

悔しい気持ちはあります。それ(継続か、退任か)はクラブとの話し合いになると思います。

――過密日程、ケガ人という話が出ましたが、若い選手の活躍はありました。その中で、ケガ人を少なくする対策、やり様はあったと思われますか?

まず自分を振り返ってみて“練習量はどうだったのか?”、試合だけでなく、その辺の“負担はどうだったのか?”を考えました。で、時には極端な過密日程があって、どうしようもなくケガをすることもあったと思います。ルヴァンカップで浦和に勝ちたい気持ちは選手も強くて、そこへ力をたくさん注入したと思います。その分、勝ち上がりましたけれど、ダメージは大きく、トータルで疲労は溜まったと思います。

しかし、選手にはまだまだ伸びしろがあります。まだまだ強くなります。そういう面では伸びしろをどんどん広げ、逞しくなって、ケガをしない身体になってほしいと思います。ヨーロッパに移籍して戦っている選手、日本代表選手などはそういう中で戦っています。そういう選手になってほしいと思います。

――今年1年は試合数が多くて、リカバリーと次の試合に向けた準備に追われる週が多かったですが、その中で選手の成長をどんな場面で感じましたか?

天皇杯の清水戦(3回戦、1-0○)、C大阪戦(4回戦、1-0○)ですね。ターンオーバー的なメンバーで臨みましたが、新しく出て来た選手がチーム(リーグ戦のメンバー)のやり方を同じようにやることができて、失点もしなかった。よくやってくれた。あとはカップ戦(ルヴァンカップ)で、浦和に勝った試合(プレーオフ第1戦、2-0○)ではチーム、個人が伸びたと思います。

―曽根田穣、小出悠太など出場機会が多かった若手が大きく伸びています。評価は?

2人だけでなく、若手は大きく伸びています。ただ、満足すると伸びしろは広がらないので、どんどん伸びて行ってほしいです。

1年間ありがとうございました。

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック