『サッカーパック』37メディアが1550円で読み放題

山梨フットボール

佐久間悟GM兼任監督(2015~2016年)時代の3バックが2018年12月10日に再結集【無料記事 フォトレポート 練習場から】

 

 

ポーランド1部リーグ(エクストラクラサ)で2連覇中のレギア・ワルシャワから来日中のマチェックGKコーチ(31歳、中央)が12月10日はトップチームでコーチング。久々に自主練に参加した河田晃兵(背中)は目先の変わったコーチングにモチベーション高くプレーしていた。マチェックGKコーチは10人近いGKコーチが在籍するレギア・ワルシャワのアカデミーのGKコーチの統括(トップ)で、彼の推薦無しにトップチームには昇格できないそうだ。

 

マチェックGKコーチのメニューは、日本で目にするものとは違うので新鮮な印象。選手もコーチも刺激を受けている。岡西宏祐(左)も熱心に取り組むも、河田の方が理解度・順応は速かった。これも来季に向けた競争の始まり…か。

 

マチェックGKコーチの練習を見ていると、懐かしい顔と頭を発見。カメラのレンズをズームして見ると津田琢磨(左)と土屋征夫(右)。

 

屋内で治療を行っていた山本英臣(中央)がピッチに出てきたので、土屋(左、東京23FC)と津田琢磨(右、栃木ウーヴァ)とで2015~2016年の3バックのレギュラーが揃った。当時のシステムの並びで撮らせてくれた。

 

土屋と津田の登場で山本は元気が出た感じ。土屋も津田も山本も全員現役で来季も現役予定。3人合わせて、130歳の3バックになった。

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック