J2総括と2022シーズンを早速展望するLIVE(J論)

山梨フットボール

「もう序盤戦ではない。イニシアチブを取って勝ちたい愛媛戦」【2019明治安田生命J2リーグ 第11節 愛媛対甲府 プレビュー】

 

 

今季初の2戦連続先発の佐藤洸一。アディショナルタイムの神からフルタイムの神に進化したい。

2019明治安田生命J2リーグ第11節 愛媛対甲府 甲府先発予想布陣

2019年4月27日(土曜日)愛媛対甲府(18:00 KICK OFF/ニンジニアスタジアム)

△〇〇〇△△〇△●〇

「昨季は1分1敗の愛媛に一丸甲府を見せつけて連勝で平成〆」

タートダッシュに成功した伊藤彰ヴァンフォーレ。序盤戦とはいえなくなるここからは守備のベースを見失うことなく、スタイルの精度を高めて勝点を積み重ねる中盤戦の入り口。首位の水戸と勝点3差の3位という順位は、物凄く注目されるわけでもなく、5連勝で2位まで駆け上がった打ち出の小槌を持つ大宮の陰でプレッシャーを躱しながら力を発揮して”気が付けば甲府は強いね”と世間様が注目するようになるまでにいろいろ準備を整えたい。

節は今季初めて佐藤洸一が2試合連続で先発する見込みの試合で、彼にとってスタメン確保のためにシャドーのドゥドゥとピーター・ウタカを活かし、自身も活かされることを結果で示す必要がある。ジュニオール・バホスが”腿裏の張り”を理由に今週はリハビリ中なので、ミニ・バロテッリ感がない訳でもないバホスを選択肢に入れる必要がないシンプルさがある中で――バホスの現状についてはもどかしさがあるとは思うが――先発11人の組み合わせはイメージしやすい伊藤彰監督。

(残り 2108文字/全文: 2841文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ