【サッカーパック人気3位】 反省を踏まえて修正を図るも、そのリスクの代償を払う【島崎英純】2019…

山梨フットボール

伊藤彰監督記者会見「しっかり守ってカウンターで仕留めようというプランを持っていた」【無料記事 J2第27節 徳島0-2甲府 コメント】

「カウンターというところは我々が脅威として持っていないといけない」(伊藤彰監督)

遠い中、ファン・サポーターの皆さんに足を運んでいただき、勝点3をプレゼントできたことをすごく嬉しく思います

試合内容は前半からボールを握られることがあったが、そこは落ち着いてしっかりと守備をしようということで入った。しっかりと守備をしながらもカウンターで脅威を見せながら、ときにはボールを握りながらゲームコントロールができていた。守備から攻撃のところがよかった。ただ、奪ったボールを失う時間が多かったので改善しないといけない。後半に入っても守備の時間が長かったが、しっかり守ってカウンターで仕留めようというプランを持っていて、それが最後のアディショナルタイムの(内田)健太のゴールで2-0になってよかった。前節、しっかりと勝って、今節いい形で勝ててよかった。次に繋げたい。

――先制点は河田晃兵選手からの縦パスをピーター・ウタカ選手とドゥドゥ選手の関係でゴールに繋げたと思いますが、ウタカ選手は前節2点取ったことで感覚がよくなっている印象ですか?

前節2点取って気分的にもコンディション的にもいいと思うし、徳島は前所属チームで思い入れもあったと思います。パワーを発揮してくれました。カウンターというところは我々が脅威として持っていないといけないところで、ボールを握られながらもそこは一つの強みとして押し出してしっかりとできたことがドゥドゥとウタカの連携による得点に繋がったと思います。2点目もそのような形で取れたので選手はよく頑張ってくれたと思います。

――後半の頭から小出悠太選手に代えて山本英臣選手を投入した理由は?

体調があまり思わしくなくて、やらせてもよかったがウチにはしっかりと締められる選手がいるのでそこに関しては自信を持って山本英臣を投入しました。特に問題がある訳ではなく、連戦ということもあるので安全策を取ったという形です。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック