JリーグにやってくるFC今治に気になる存在がいる(J論)

山梨フットボール

伊藤彰監督記者会見「“ヴァンフォーレ甲府はまだ死んでいないぞ”というところをこれから一戦一戦みせていきたい」【無料記事 J2第34節 山形0-1甲府】

「総合的なところでパワーを出したくてウタカを金園に代えた」(伊藤彰監督)

今日は遠いところにファン・サポーターの皆さんが応援に来て下さって、最後まで後押しをしてくれたと思います。本当によかったです。
ゲームの入りは悪くなかったと思います。いい入りをして、その中でも山形も負けられないというところでお互いに堅い前半になったと思います。我々はしっかり前半をゼロに抑えるということで入った。前半、耐え忍んで後半勝負という意思統一をして前半を耐えてくれたと思います。ゲームの流れというところでは、守備のところ、我々がイニシアチブを取れたと思います。後半に入って最初の10分はしっかりと守備を固めながら相手を裏返すプレーを心掛けた。その中で、途中からボランチを少し変えたり、頂点・ウタカを代えたりする中で、最後パワーを持って入ったところが得点に繋がったと思います。

最後はオーガナイズを変えたりしながら内田健太を高い位置に置いて左からのクロスとか、攻撃的なところではいいポジションで内田が起点となってゴールが生まれたのでよかった。我々は上を目指して、上のチームに追い付くために勝点3が必要だった。アディショナルタイムに勝点3を取れたことでは勇気を選手から貰ったし、“ヴァンフォーレ甲府はまだ死んでいないぞ”というところをこれから一戦一戦みせていきたい。

――金園英学選手を入れるタイミングを含めて、ピーター・ウタカ選手と交代した理由は?

ウタカに関しては、裏へのランニングをメインにイメージしていたが、途中からアタックの運動量がやや少なかった。元々運動量が多い選手ではないが、それでもゴール前に入る時間が少なかった。相手の栗山(直樹)選手とかに1対1の空中戦やボールキープをするところ、彼自身も少しミスが多かったのかなぁと思う。

守備は相手のGKにプレッシャーを掛けたり、凄くいい面も見えたりしていたのでどちらかというと、攻撃のところで変化をつけたかった。前で金園がプロテクトしたり、ポストプレー、裏へのランニング、献身的な守備、総合的なところでパワーを出したくて今日は代えました。
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック