JリーグにやってくるFC今治に気になる存在がいる(J論)

山梨フットボール

伊藤彰監督記者会見「失点してからパワーを使って点を取りに行かないといけない状況になったことでゲームプランが崩れた」【無料記事 J2第36節 甲府1-1栃木 コメント】

「我々は試合の入りで少しボケて入ったかなぁということは否めない」(伊藤彰監督)

台風が通過した直後にも関わらず、甲府のファン・サポーターの皆さんにたくさん来ていただきましたが、栃木のファン・サポーターの皆さんは高速道路が通行止めになるなどで来ることができなかった方が大勢おられて残念に思います。

今日はもっといいゲームをお見せしたかったです。我々は試合の入りで少しボケて入ったかなぁということは否めないです。オーガナイズのところでしっかりと相手を裏返すことなどボールを握りながらというところを含めてチームとしてアラートさを欠いたところでの失点した。

失点してからパワーを使って点を取りに行かないといけない状況になったことでゲームプランが崩れたところがある。前半はオーガナイズをしながら攻撃の形を作りつつ支配をしていたが、最後ゴールをこじ開けるには至らなかった。

ハーフタイムに、「やっていること、狙うところ、自分たちがやろうとしていることは間違ってないし、しっかり攻撃ができている」と選手に伝えた。危ないところはカウンターのリスクマネージメントやロングボールに対するセカンドボールの回収・拾うところ。そこを徹底しないと我々の攻撃は増えない。

後半は押し込みながらやれたことを評価したい。ただ、先に点を取られたことでゴールを2つこじ開けないといけない。そういう状況の中で1点しか取れなかった。勝点1に止まったことは致し方ないことだけど、残り試合を考えると痛かったと感じている。ただ、それで終わりにしたらいけないと思っています。この勝点1を最後、笑えるように、次のゲームで勝点3を取れるように準備したい。

――後半、相手を押し込む時間が続いたが点を取り切るために必要だったことは?

相手のオーガナイズができる前にもう少し早い攻撃をしないといけなかった。それ以上に栃木はリトリートしてきて、ボールを保持することを放棄してきた状況が続いていた。ゴール前で10人のブロックを引いてきた中で、それを崩すにはクオリティが必要になってくる。そうはいってもコンビネーションは途中までできていた。ただ、最終ラインとネットをこじ開ける、シュートを打てる、足を振るところまでいけていたかというと、手前まではいけていたが最終的にはそこで足を振り切るところは足りなかった。

こういう相手に自分たちがクオリティを持って戦わないといけないが、選手は最後までやってくれたと思う。1点取れたことをポジティブに捉えて、いい攻撃ができていた時間もあったので選手を評価したい。我々の置かれた立場では勝点1では足りないと感じるので、次のゲームに繋げるために、先に行くために必要な一週間にしたい。
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック