【サッカー人気1位】柏木陽介が指摘した5レーン理論で停滞す…

山梨フットボール

荒木翔「ミスがあったけど、それは自分が判断して決断したことなんで後悔はしない」【天皇杯準々決勝 長崎2-1甲府 コメント】

#21 MF 荒木翔「2失点目で気持ちが締まってみんな目が覚めた。そこは自分たちの経験の無さや甘さが露骨に出た」

――最初の失点に繋がった…(畑潤基に)ボールを奪われてからスイッチが入った感じですか?

ダブルボランチを(中山)陸とスタートして、陸に攻撃やボールを動かすことをやってもらって、自分はセカンドボールや守備のところを頑張ろうと思っていました。ファーストプレーで強くいってファールになって、次もファールを取られたが、ファールになっても強くいこうと決めていたので入りとしてはよかったけれど、雨で…タラレバだけどあそこでボールコントロールがよくなくて、相手にボールを取られて俺の目の前でシュートを打たれて入ったのは自分の責任でもある。あそこでボールを取られることが失点に繋がることを実感した。

――太田修介選手はチームとして試合の入りが「フワッとしていた」と話しましたが、荒木選手はどう感じましたか?

そう思いますね。相手はJ2でベスト4に行くチャンスがある中で先を見据え過ぎた。目の前の戦いに集中できなかったのは正直あるし、そういう雰囲気がチームの中に少なからずあった。

(残り 609文字/全文: 1091文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック