J論J2チャンネル、スタート!!

山梨フットボール

金園英学「自身今季最初のトレーニングマッチに向けた心意気とハーフナー・マイクの練習参加をどう受け止めたのか」【コラム&インタビュー】

昨季終盤の好調を今季に上手く繋げることができている様に感じる金園英学。途中出場と先発では体力の使い方も違うし、求められるプレーの内容も変わってくるがFWの先発有力候補としてトレーニングマッチでどんなプレーを見せるか注目される。

――1月18日のトレーニングマッチ(4-3◯ vs清水桜が丘高校)は「怖いというか、少し早いかなぁ」ということでスキップしましたが、明日のトレーニングマッチ(1/21 vs神奈川大学 @Jステップ)は出場しますか?

はい。出る予定です。

――チームにとっては2試合目、金園選手にとっては今季最初のトレーニングマッチですが、個人としてはどんなことをテーマにしたいですか?

中盤の選手からどんなパスが貰えるのか…。(中盤の選手が)見ていて貰えないなら俺が悪いし、そもそも見て貰えていないのか…。

――トレーニングマッチなので誰と組むかも分からないですしね。

今日の攻撃の練習では(泉澤)仁がシュートすると見せかけてパスをくれて点を取れたんですよ。仁は“えげつないところを見ているなぁ”と思いました。

――特別感がありましたか?

仁はゴール前で判断を直前で変えられるから…。めっちゃフリーでスポッと(ゴールを)決められたんで、“すげぇなぁ”と思いました。

――判断を直前で変えられるのはサッカー選手にとって大事なことですが、泉澤選手はドリブルの技術が高い分、余裕があるんですかね?

公式戦なら足を振ったかもしれないですけどね(笑)。見えているのが凄いと思います。そういう選手がボールを持っているときに動くのが一番効果がありますからね。

――ボランチには野澤英之選手や中村亮太朗選手など縦に1本出してくれそうな選手がいます。

今日のうちから彼らに胡麻をすっておきますよ(笑)

スタメン競争の本番は宮崎キャンプに入ってからだが、自身今季最初のトレーニングマッチでどんな連携を引き出すのかは興味深い。

(残り 862文字/全文: 1788文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック