【サッカー人気4位】やはり強かった川崎フロンターレ。森重真…

山梨フットボール

無料記事「スズメバチの巣騒動顛末」【練習場から】

6月11日に発見されたスズメバチの巣は鶴田好樹主務が駆除用のスプレーをかけたが、翌日の12日に確認すると怖い怖い成虫はおらず。「巣を漏斗として使えるかも」、「巣を見たい」というリクエストに応えて鶴田主務が練習後に巣を取ってくれた。予想していたよりも小さく、ペラペラで漏斗として使うどころかすぐに崩壊。しかし、中には幼虫がいてあのまま放置していれば成虫になって戦闘員(働きバチ)が更に巣を大きくしていたはず。選手がスズメバチに追い回される被害を防ぐことができてよかったけれど、多分周囲には他の巣もありそう。練習見学が再開されたときは充分に気を付けてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック