【サッカー人気2位】【J1第4節:横浜F・マリノス vs …

山梨フットボール

無料記事 中山陸「自分でボールをキープして味方を使える選手になりたい」【練習場から】

藤枝とのトレーニングマッチでは左サイドで荒木翔とのコンビネーションを多く見せた中山陸(左)。写真に写っているのは中山陸と金園英学だが、金園やハーフナー・マイクやジュニオール・バホスを活かすスルーパスが今季は何度も見られるはずだ。

――J3藤枝とのトレーニングマッチは2本目途中から1本半プレーし、高い位置でボールに絡む回数が以前よりも増えたように感じました。中山選手はどう感じましたか?

もっと前線でドリブルをして引き付けてパスを出せたと思います。

――中山選手が他の選手を凌駕する武器はスルーパスだと思います。昨季もそれを狙いながらも高い位置でプレーができずに武器を出せないで苦労したと思いますが、今季はやりたいプレーに少しずつ近付いている感じはしませんか?

今のチームのコンセプトの一つはサイドでボールを持つと逆サイドの選手が中に入ることで、自分としてはパスや味方を使って剥がしてチームを動かせるようになりたい。そのためにもっと自分でボールをキープして味方を使える選手になりたいです。

――藤枝戦では左サイドで荒木翔選手とのコンビネーションが何度もありました。高まればサイドを打開して決定機増に繋がるところですね。

先週のトレーニングマッチではボールを受ける位置に課題があったので、話し合ってどうポジションを取るのかなどコミュニケーションを取りたいです。ようやくJリーグが始まる感じになってきたので、去年の悔しさを忘れず試合に絡めるように頑張ります。

高い位置でボールに絡めることが増えてきた中山陸。自分がやりたいプレーを結果に繋げ、チームのために必要なプレーが何かを感じ取ることができれば信頼も評価もグッと伸びるはずだ。

今季は強い身体で戦えることが武器に加わる。当たり負けしないことでできるプレーも増える。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック