【サッカー人気1位】【フロンターレの論点】ベガルタ戦で垣間…

山梨フットボール

「味スタの敵を中銀で討って、4失点のショックを払拭できるか」【2020明治安田生命J2リーグ第6節 甲府対大宮 プレビュー】

2020明治安田生命J2リーグ第6節 甲府対大宮 甲府先発予想布陣。

2020年7月19日(日曜日)甲府対大宮(18:00 KICK OFF/山梨中銀スタジアム)

△△△○●

京V戦(2-4●)の翌日も翌々日も試合前日もそれなりにショックが残っているというか、試合に出ていなかった選手も少し影響を受けている感じがあった。”切り替える”、”まだ5節”とは言いつつも払拭するには次の試合の勝利が必要。それが今季のJ2リーグでクラブ規模では一強の大宮なら更に払拭効果は高い。

ーグ戦再開後、4試合を重ねてきた疲れも出てきているので紅白戦形式の戦術確認やセットプレーではケガのリスクを減らすような球際もあったけれど、3連戦の最後に向けて仕方がなかったと思う。対大宮という点では伊藤彰監督、渋谷洋樹ヘッドコーチという大宮で監督経験がある2人が揃っているし、アカデミーでの指導経験が長い伊藤監督にはよく知る選手が多い相手。

攻守でこの3人のオーガナイズの運用精度が問われることになりそう(左から、新井涼平、小柳達司、今津佑太)。

攻撃ではジュニオール・バホスには当然期待するが、途中出場が予想されるハーフナー・マイクがハマりつつあり一発ありそうな予感。

(残り 888文字/全文: 1604文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ