【サッカー人気1位】【聖籠ノート】~信頼回復に向けて~

山梨フットボール

無料記事 金園英学「シュートのときは残像」【J2第13節 甲府3-2愛媛 コメント】

同点ゴールを決めた後、金園英学は祝福のために寄ってくるチームメイトをすっ飛ばしなら走り続けた。金園が言う”興奮状態”はストライカーという特殊なポジションで点を決めることができる選手にしか分からない感覚なのか…。

#17 FW 金園英学「僕は常に指導者目線で考えてますからね(笑)」

――“リードされているときに途中投入されると点が取れる”と話していましたが、当に愛媛戦の同点ゴールは金園選手のストライカー魂が最も発揮される条件でした。

そうすっね。流れ的に。

――狭い狭いニアに決めましたね。

全部感覚です。(腿でトラップしてターンするときに)ドゥドゥが横切ってくれたんで相手のDFは選択肢が2つになった。どっちにしろ自分でシュートを打つつもりだったけど、相手の選択肢を増やさせたこともよかった。

――GKは見えていたんですか?

シュートのときは残像。

――よくあの狭いところを抜きましたね。

あの状況でファーにシュートを打つ自信はないんですよ。ニアの方が近いし。ファーに打つ方が難しいですよ。

――膝下の振りが速いからGKのタイミングを外して決まるんですかね?

そうなんですかね。運がよかったんですよ。逆に、あそこは狙えないですよ。

――ゲーム中の興奮状態だから打てるニア抜きのシュートなんですかね?

試合に入ると興奮しているんでね。ペナルティエリアの中では興奮しっぱなしですよ。

――あの同点ゴールは金園選手にとって今季の初ゴールでした。まず1点決めたという安心感もありますか?

1点取れたらね。ゼロから1に持って行くのはなかなか苦しいところがあるけど、そこからはポンポンと行けそうな気もするんで…。

――今季は故障に悩まされてきましたが、コンディションはイケる感じになってきましたか?

15分しかプレーしてないのに(翌日の練習で)リカバリーしている俺なんですけど、徐々に上がっている…無理せずに…。一週間の試合間隔ならガンガン行くんですけど、今季は試合直前にリタイアして…前科持ちなんでね…。そこはしっかりとリスク管理しながらね。

――やはり慎重になりますか?

連戦で1回(ケガで)休んだら5~6試合飛ばしますからね。リスク回避をしながら、試合メインで…練習で見せられていないんで申し訳なさはあります。だからこそ試合でやらなね。使命感はあります。監督の(選択肢の)テーブルに乗ってないと使い難い選手になってしまう。僕は常に指導者目線で考えてますからね(笑)

「チームを助けるゴールを決める漢」という意味の”金園英学”が臨戦態勢で戻ってきた。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック