【サッカー人気5位】【青赤ウォッチ】FC東京ベスト16の壁…

山梨フットボール

「群馬戦以上のチャレンジで挑む2位・北九州戦。得意なタイプではないが球際と戦術で上回りたい」【2020明治安田生命J2リーグ第17節 北九州対甲府 プレビュー】

2020明治安田生命J2リーグ第17節 北九州対甲府 甲府先発予想布陣

2020年9月5日(土曜日) 北九州対甲府 (19:00 KICK OFF/ミクニワールドスタジアム北九州)

△△△○●○○△△△○△○●●○

生太郎副総理・財務大臣が使っているマスク代わりのヘッドセット付の口元だけフェイスシールドが最近妙に気になる。かなりイケてる感じで颯爽とつけているけれど、あれって唾液や大きな飛沫が飛ばないようにする機能しかなくて自分がくしゃみや咳をすれば細かい飛沫が拡散するし、他人の飛沫を吸い込むリスクは不織布のマスクよりも確実に高い。飛沫がダイレクトに前に飛ばないだけましだけど、カバーしているシールドが小さいからズレているとほぼ効果なしのケースも出てきそう。

責を担う副総理・財務大臣なんだから自身の感染リスクを小さくするために不織布のマスクにしたらいいのにと思うけれど、周りの人は何にも言えないんだろうなぁ。テレビのニュースで見る度にあの颯爽感にどうしても突っ込みたくなるけれど…突っ込める家族はいない・・・。場所が場所ならJAXAの管制官が使ってそうでもるあのヘッドセット付のフェイスシールドを作った会社は凄いけれど、フェイスシールドで感染防止対策ができていると思っている感じが――体質的にマスクをつけられない人は仕方がないと思うけれど――新型コロナウィルスに対する対応の中途半端さを感じる。ただ、調べてみると麻生副総理は――70歳代だとは思っていたけれど――79歳であの凄みのある迫力と颯爽と歩く姿は凄い生命力。また、テレビで政治のニュースを見ていると多くの議員はアルファード的な高級ワンボックス車かレクサスの大型セダンーー“金持ってる感”を出したくない庶民派アピールの議員はプリウス――なのに――古い記憶ながら僕が見た限りでは――BMWの7シリーズに麻生副総理は乗っていて“国会議員だから国産車に乗らないといけない”的な雰囲気に左右されない自信も感じて、結局は冷淡会見の皮肉屋さんに興味津々。

守備の司令塔の新井涼平。前日練習では少しセンシティブになっているようにも感じたが、本番では両サイドのストッパーやWBやボランチとの連携でラインコントロールを武器にしたい。

中盤では武田将平の存在感が高まっており、彼の守備力と運動量、そして、ロングボールを活かして勝利に繋げたい。

守備陣ではWBもできる小柳達司の存在感は有り難い。チームとして守備の堅さがまだ出せていないチャレンジ中の現状では個で守れる小柳の存在は頼もしくもある。

見というかコメント取りで難しい選手が山田陸。悪気とかはなく、「言葉が出てこないんですよ」と質問されると困る感じの山田に、「今節は2位の北九州相手だと気持ちもより入る?」と聞くと、「そうスッね」と、聞き方を工夫しないと大抵「そうスッね」で終わってしまう。しかし、今節は野澤英之が脳震盪気味で欠場で、山田がボランチで先発し、4-3-3で攻撃するときはアンカーの大役。これまでは3バックの真ん中がアンカーに上がるという可変だったが、今節は相手と甲府のメンバー構成・バランスを考えて可変の形が変わる。チャレンジは前節同様にある今節。

(残り 1022文字/全文: 2614文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック