【サッカー人気1位】秩序と混沌のどちらを求めるか ピッチに…

山梨フットボール

無料記事「昨日の1枚」【練習場から】

雨でも降らない限り、練習前、練習中でも水を撒く甲府の練習。ボールを走らせるためだが、選手がスラディングをした時に引っ掛かってケガをしないためにも必要。3月4日の練習では何故か散水できず、伊藤彰監督、渋谷洋樹ヘッドコーチ、スタッフがカラーコーンに水を入れて撒き始めた。それぞれが2度ほど撒いたところで機械が動き出して散水開始。「あっ、出た」という感じの伊藤監督。

3月4日の練習前、ウェイリントン・フィジカルコーチのウォーミングアップを見つめる伊藤彰監督(右)と渋谷洋樹ヘッドコーチ(左)。共に2017年に大宮で監督を務め、同シーズン中に解任された。17年の大宮は渋谷監督でスタートし、伊藤監督が引き継ぎ、最後の3試合は石井正忠氏(現・サムットプラカーン・シティFC監督/タイ)が監督と目まぐるしかった。このシーズン、甲府、新潟(17位)、大宮(18位)がJ2に降格した。甲府は16位で15位の広島とは勝点1ポイント差だった。この3クラブはこの降格から再昇格できていないが、今季、甲府が昇格する!。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ