【サッカー人気2位】リカルド監督が考える理想のゲームの締め…

山梨フットボール

「勝てないことが疑心暗鬼に繋がる流れを作ってはいけない。ハードに質高く戦い、いつも通りの中に危機感と落ち着きを持って戦えば勝てる」【2021明治安田生命J2リーグ第8節 松本対甲府 プレビュー】

今節先発する選手の中で松本戦の勝ちを知るのは山本英臣だけ。よりハードに戦わないと勝てない相手に山本を中心とした守備陣の危機管理は重要になる。

2021明治安田生命J2リーグ第8節 松本対甲府 甲府先発予想布陣。

2020年4月17日(土曜日)松本対甲府(14:00 KICK OFF/サンプロ アルウィン)

△◯◯◯●●△

い返せば松本に勝ったのは2012年の城福浩監督(現・J1広島監督)時代の第24節(2-1◯)で、その後は樋口靖洋監督(現・J2琉球監督)でも勝てず、佐久間悟監督(現・VF甲府社長)でも勝てず、吉田達磨監督(現・シンガポール代表監督)でも勝てず、上野展裕監督(現・JFL三重監督)でも勝てずで、カップ戦を含めて5連敗。J1、J2のカテゴリーがズレて昨季は2年ぶりの対戦となり、伊藤彰監督のもとで1分1敗で連敗は止めたものの勝てなかった。

12年に勝ったときに山本英臣は先発していたが、新井涼平や岡西宏祐が加入したのは13年なので今節先発する選手の中で甲府の選手として松本戦の勝ちを知るのは山本だけ。新井も岡西も甲府に加入後松本戦の勝ちを知らない…というか、ほぼ負けばっかり。ファン・サポーターにとっては反町泰治監督(現・JFA)が指揮を執る松本や湘南に対するライバル心や悔しさが強く印象に残っているんじゃないかと思うが、いつまでもこのままではいられない。松本には甲府に対して過去の対戦成績をプラスの要素に加えて臨んでくる選手もいると思うが、そんな漠然とした要素をプラスにさせたくはない。昔は昔、今は今。

シャドーで2戦連続先発の長谷川元希。ハードワークは今節も必要だが、慣れを少しの余裕に変えて決定機創出とゴールに繋げたい。

プロ初先発の鳥海芳樹。ドリブラーとはいえ、泉澤仁のような局面打開ではなく、縦のスピードとハードワークで勝負。それを繰り返して松本の守備陣を疲弊させて切り裂きたい。

聞かなくても分かる野津田岳人(中央)の苦悩と責任感。「積み上げてきたものを自信を持って出して、決めることにこだわりたい。結果を出せなければ疑心暗鬼になってしまう。やってきたことが間違っていないことを証明したい」。今はこういう言うしかないこともよく分かる。真摯に向き合っている野津田ケチャップの瓶の蓋がパカ~ンと開くと信じている。そして、ドバドバ。

(残り 1202文字/全文: 2509文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ