【サッカー人気1位】J再開前の重要チェックポイント! 各ク…

山梨フットボール

「そいう言葉が出てくるのは好きじゃない。”やられたけど、俺たちがカバーできる”という言葉を聞きたい(伊藤彰監督)」【2021明治安田生命J2リーグ第13節 甲府対東京V プレビュー】

野津田岳人の守備力もポイントだが、ウィリアン・リラをどう活かすのかというパスの感覚もポイント。

2021明治安田生命J2リーグ第13節 甲府対東京V 甲府先発布陣。

2020年5月9日(日曜日)甲府対東京V(14:00 KICK OFF/JITリサイクルインク スタジアム)

△◯◯◯●●△△◯●◯△

節の山形戦(2-2△)はピッチ内もちょっとザワザワした。前半特に、左サイドで押し込まれることが目立ち、泉澤仁の守備に対して疑問を持った選手がいたからだ。現に、荒木翔が2枚をマークしないといけなくなる場面があって、どっちに行くか同サイドのストッパーやボランチもカバーが難しかったと思う。しかし、伊藤彰監督はサッカーだけに一蹴する。

(残り 1583文字/全文: 2026文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ