【サッカー人気4位】【J2箱推し宣言!終盤戦スペシャル】昇…

山梨フットボール

「コロナ対策の負担とストレスが加わるコロナ禍のアウエー。若手の成長をプラスαの要素にし、悔しいアウエー経験を乗り越える勝利を挙げる」【2021明治安田生命J2リーグ第15節 水戸対甲府 プレビュー】

2021明治安田生命J2リーグ第15節 水戸対甲府 甲府先発予想布陣。

2021年5月23日(日曜日)水戸対甲府(14:00 KICK OFF/ケーズデンキスタジアム水戸)

△◯◯◯●●△△◯●○△◯◯

梨県内の企業に勤めているブラジル人と先日話をした時に、コロナ禍でもブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領が経済優先の政策を推し進めていることを上っ面の知識で批判的に言うと、「ブラジル人は国民性として日本人みたいにコロナ対策をしっかりやらない。やろうとしても一体感を持ってやれないなら、経済優先の方がマシということにもなる」という考え方を教えてもらって、”なるほど”と、よく知らないなりに納得。世の中色々な考え方があるなぁとは思いつつも、甲府にいるブラジル人選手は――私生活がどんな感じか知らないけれど――意識高くやっていると思っているから――やらない日本人もいるし――そんなに意識の差があるのかなぁとも思った。

縄県にも緊急事態宣言が発出され、これで10都府県が宣言下になって、ワクチン次第ながらなんとなく危機感が増した。山梨県民も甲府の選手・スタッフもコロナ対策をよくやっている中で迎える鬼門のアウエー水戸戦。今季ホームは5勝1分1敗で素晴らしい成績も、アウエーは、最後に追い付かれた山形戦(第12節、2-2△)、最後に失点して敗れた琉球戦(第10節、0-1●)、前半3-1と逆転も後半2失点で引き分けた松本戦(第8節、3-3△)、追い付いたものの終盤の失点で敗れた長崎戦(第6節、1-2●)と、嫌な記憶が残っていて、アウエーで勝ったのは第4節の愛媛戦(1-0○)まで遡る。愛媛戦が3月21日だったので、週に1試合が基本のサッカーでは11試合遡れば2か月前の話になってしまう。今節は”2ヵ月ぶりのアウエー勝利を懸けた試合”と表現することもできる。

2連勝中なので練習の雰囲気はよく、伊藤彰監督は「バトル感もあり、みんな同じ方向を向いてやってくれている。(紅白戦形式の戦術確認では)控え組の選手が”仮想水戸”のプレーをよくやってくれた」と話す。守備の要の新井涼平(左)と攻撃の軸になってほしいウィリアン・リラがリラックスしてコミュニケーションを取る場面もあり、雰囲気はよかった今週。ただ、雰囲気だけで勝てるほど甘くはないので、厳しさのある一体感で水戸に挑みたい。

(残り 1795文字/全文: 2906文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ