【サッカー人気1位】関根貴大がコミュニケーションを図った中…

山梨フットボール

無料記事 フォトレポート「2021シーズンシート・ヴァンクラブ感謝会」【練習場から】

12月12日に韮崎中央公園陸上競技場で行われた「2021シーズンシート・ヴァンクラブ感謝会」。コロナ禍で制約が多いが”選手サイン入り写真お渡し、写真撮影会”が行われた。感染症対策のアクリルボードを挟んで左側に選手・スタッフ、ヴァンくん・フォーレちゃんが並んだ。

アクリル板の右側には2021シーズンのシーズンシート個人会員、ヴァンクラブ会員、約700名が参加。

時間限定ながらアクリル板を挟んで選手・伊藤彰監督、ヴァンくん・フォーレちゃんとファン・サポーターが向き合ってコミュニケーションを取ることができた。

伊藤彰監督と長谷川元希の列がツートップで長かった。*写真は伊藤監督の背中と列。

 

佐久間悟社長の挨拶で始まったが、新監督、スタッフ、選手人事の疲労感を若干感じた。

伊藤彰監督も挨拶。2021年の感謝を話した。選手に対する感謝は何度も話しているが、素晴らしいチームワークを作り上げてくれた。

選手代表として挨拶をしたキャプテンの新井涼平は「今日は泣きません」と涙をネタにする余裕もあった。

ヴァンフォーレ甲府後援会のMVPに選ばれた長谷川元希(右)。プレゼンターは後援会会長の歌手・神部冬馬さん。

最後は選手、スタッフがファン・サポーターをお見送り。コロナ禍で触れ合う機会が少ないので人見知りするのかと思いきや選手はみんなフレンドリー。彼らも交流を楽しみ、応援・サポートしてくれている人々を間近に感じることができた様子。今季限りでお別れになる選手もいるが、そんな素振りを出すことなく1年間の感謝を伝えた。

会場がクローズされてからはグリーンのビブスを付けたボランティアの皆さんと選手・スタッフ全員での集合写真撮影。「2021シーズンシート・ヴァンクラブ感謝会」だけでなく、ホームゲームの運営、数々のイベントなどはボランティアの方々の協力や献身無くして成り立たない。今回も写真撮影や誘導などでボランティアの皆さんが強力してくれたお陰で開催することができている。ホームゲームはボランティア、アウエーはサポーターとして参戦という方も少なくない。今季もボランティアの皆さんに感謝!

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ