『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

柳下毅一郎の皆殺し映画通信

『劇場版MOZU』 ストーリーはほぼ不明。悪役という悪役が笑う。ヒャハハハ、キャッハー、ウヒャヒャ。ほぼ全員が「中学生が考えた悪党」  (柳下毅一郎)

FireShot Screen Capture #046 - '『劇場版 MOZU』公式サイト' - mozu-movie_jp

 

劇場版MOZU

監督 羽住英一郎
脚本 仁志光佑
原作 逢坂剛
撮影 江崎朋生
音楽 菅野祐悟
出演 西島秀俊、ビートたけし、香川照之、真木よう子、伊勢谷友介、松坂桃李、長谷川博己、小日向文世、池松壮亮、伊藤淳史、杉咲花

 

 

face「劇場版」というものがテレビドラマの「完結編」になってしまってから  -これがいつからなのかわからないのだが、たぶん『ルーキーズ』あたりからではないかと思っている-  テレビドラマの「劇場版」は積極的に見たくないものになっていて、というのもそういった「映画」は設定もキャラクターもすべてテレビ頼みなので、映画版だけ見ても何もわからないし、それが手抜きのせいで説明されていないのか、それともこっちがテレビ版を見ていない不勉強ゆえなのか知れたものではない。なので見ても徒労感を感じるばかり。なのになぜこの映画を見に行ったのかと言うならば、それはこの映画の予告編があまりにあまりで、常識をはるかに越えて酷すぎたからである。実物はどうなのか、どうあっても確かめずにはいられなかったのだ。残念ながらそこに待っていたのは期待をはるかにこえたもので……

何度も何度もくりかえしくりかえし語っているのですでにみなさん耳にタコができていると思うが、ぼくが映画の悪役でいちばん憎んでいるのは「さあゲームのはじまりです」という奴、二番目は「ヒャハハハハ!」と笑う奴である。しかるに本作、悪役という悪役が笑う。ヒャハハハ、キャッハー、ウヒャヒャ。ほぼ全員が「中学生が考えた悪党」というとんでもない映画なのだ。WOWOW、TBSで放映されていたというテレビドラマでも、こんな「どの殺人鬼がいちばんひどいですか選手権」がくりひろげられていたのだろうか?

 

 

ストーリーはほぼ不明、というよりも、追いかけるだけ無駄。これ、脚本があまりにひどくて事件と事件のあいだのつなぎの場面がまったくなく、事件の数珠つなぎがつづくだけなのである。で、その場面になるとそれぞれの登場人物が超人的活躍をする。見せ場と見せ場を続けるだけで、ここまで退廃しきるとさすがに西島ファンの善男善女もついてこられないのではあるまいか……

一応ドラマ版で最強の殺し屋「MOZU」をめぐる謎を追っていた警視庁公安課の警部倉木(西島秀俊)が、その裏で日本のすべてを牛耳っている怪物「ダルマ」と出会う……という話なのだが(つまりドラマ版でMOZUをめぐる話は全部解決しているので、映画にはMOZUはまったく出てこない!)、考えるまでもなく「ダルマ」の正体なんてビートたけしに決まってるだろ! たけしがラスボスだなんて、浅野忠信よりさらに最悪だよ!

ある日、港区の高層ビルに全身黒づくめで仮面をかぶった武装した男たちが侵入、リーダーの権堂(松阪桃李)は

「俺が来たからにはもうおまえたちには希望はない! おまえたちにあるのは絶望だけだ! キャハハハ!」

 と中二な言動をくりひろげ、観客の気持ちを真っ黒に染める。

一方そのころ都内某所ではペナム共和国大使館に向かう車が武装集団に襲われていた。サブマシンガンで武装した男たちはたちまち車を制圧し、乗っていた知恵遅れの少女エレナを拉致しようとする。だが、たまたまそこに居合わせたのが倉木。あっという間に武装集団を制圧し、少女を救って、誰にも告げずに去っていく……いやこれを見たときには、ぼくはドラマの設定を知らなかったんで、てっきり西島くん(倉木)も裏社会の住人かなんかなのかと思ったよ。仮にも警視庁の警部が、町中で銃撃戦やって死者を出して、「誰にも告げずに去っていく」とか可能なのか!? しかもしっかり少女は保護して香川照之(探偵)のところに預けてるし。この時点で何を言っても無駄だと……

だがそれでもなお理解できなかったのだが、実は権堂の高層ビル襲撃はただの牽制で、少女の誘拐作戦を成功させるための陽動作戦だったのである。だけどね、この時点ではエレナは重要人物じゃなくて、なんでもないただの難民少女なんだよ。普通にこっそり誘拐すればいいだけなんじゃないの? てかこのあとの展開を見るにつけても、倉木を足止めする作戦を考えたほうがよかったんじゃないかなあ……ほら彼「たまたま」居合わせたりするからさあ。まあでもそんなこと考えるだけ無駄。だって……権堂は女装して香川照之の事務所に侵入、香川の娘を誘拐する。そして倉木に電話。

「香川の娘とエレナの交換だ。ペナム共和国に来い」

 そしてペナム共和国に着いた倉木ら一行、一瞬でエレナを見失って……ってそもそも誘拐犯の言うとおりに人質を連れて外国まで行くのがどうかって話なんだけど、現地についたところで女を見失うとか、これ以上馬鹿な展開は考えられないというくらい白痴。なのでもうあとのストーリーはどうでもいいです。以下、登場する悪役がいかにひどいか、ランキングをつけて紹介します。

 

443f2910ab9081e6c5fb7aa8c00ee84d2

(残り 1513文字/全文: 3571文字)


ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

tags: さあゲームの始まりです キャハハ ビートたけし 仁志光佑 伊勢谷友介 伊藤淳史 劇場版 小日向文世 杉咲花 松坂桃李 江崎朋生 池松壮亮 真木よう子 羽住英一郎 菅野祐悟 西島秀俊 逢坂剛 長谷川博己 香川照之

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ