柳下毅一郎の皆殺し映画通信

『尖閣ロック』 ネトウヨは中学生までにしてください! ホウキがギターの幸福の科学公認ロッカー (柳下毅一郎)

www_senkakurock_com

 

『尖閣ロック』

製作・監督・企画・撮影・編集 園田映人
出演 TOKMA、福沢峰洋

ボディ・ジャック [DVD] ico_yan TOKMAのライブを見たことがある。以前『ボディ・ジャック』という映画を見に大森くんだりまで出かけていったことがあったのだが、それがTOKMAの生ライブつきだったのだ。映画が終わって、やれやれ……と立ちあがって出ようとしたら後ろの扉を開けて主題歌を担当したTOKMAがギターをかき鳴らしながら入ってきたのだった! 出口をふさがれた! というわけでそのままライブを聴くことになったわけだが……『ボディ・ジャック』は原作が〈幸福の科学ユートピア文学賞〉受賞作品ということで、まあそういう映画である。当然TOKMAも幸福の科学公認ロッカーというわけだ。

それから数年、次にTOKMAの名前を聞いたのは2012年9月、幸福の科学のメンバーが緊張高まる尖閣諸島に上陸したというニュースが流れたときだった。その幸福の科学メンバーこそがTOKMAだったのである

TOKMAは尖閣で「鎮魂の歌」を歌ってきたという。一躍全国区の有名人になったTOKMA、その余勢を勝って東京都知事選に出馬した。そのTOKMA主演、尖閣上陸の一部始終を描く映画がこれだ!

ファイナル・ジャッジメント [DVD] さて、幸福の科学は先にも大陸の某超大国が日本を占領して某宗教団体が「ココロの革命」を引き起こす……みたいな映画を作っていたし、憲法改正と核武装を訴える極右思想の持ち主であることは知っていた。

TOKMAの尖閣上陸も当然その尖兵として進められたものだろう……と思っていたのだよ。TOKMAが歌った「鎮魂の歌」”I love Zipang”を聞くまでは。こ、この曲は……

♪憲法九条改正!憲法九条改正!憲法全部改正!
♪ノドン、テポドン、核ミサイル!

こいつ、何も考えてないだろ! その予感は見事に……

443f2910ab9081e6c5fb7aa8c00ee84d2

(残り 2142文字/全文: 2890文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

tags: TOKMA ドキュメンタリー ネトウヨ 園田映人 幸福の科学 幸福の科学ユートピア文学賞 音楽

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック