柳下毅一郎の皆殺し映画通信

『17歳のシンデレラ 東京ボーイズコレクション~エピソード2~』 映画って自由だな……。実に身も蓋もない難病映画

17歳のシンデレラ 東京ボーイズコレクション~エピソード2~

製作総指揮・監督 寺西一浩
脚本 寺西一浩、表情豊
撮影 田宮健彦
編集 平谷賢佑、寺西一浩
音楽 GOD
出演 寺西優真、川津明日香、長谷直美、宮田悟志、岡田隆之介、SIZUKU、野呂田直樹、西村一輝

 

face 本ウェブサイトではおなじみ寺西一浩監督の『東京ボーイズコレクション』シリーズ第二弾。昨年には完成しており、例によってモナコ国際映画祭で主演女優賞も獲得していたにもかかわらず、新作『TOKYO 24』が登場するとウェブサイトごと謎のAI刑事映画のものに書き換えられてしまい、すっかり忘れられた存在となったかと思われた。それがいきなりあのココマルシアターで公開されてしまったわけである。本作は『東京ボーイズコレクション~エピソード2』ということだが『東京ボーイズコレクション~エピソード1~』と物語上のつながりはとくになし。「東京ボーイズコレクション」って言いたいだけだろ。

 

 

本作は東京ボーイズコレクションが主催する「シンデレラ総選挙」という女性タレントコンテストへの出場を夢見る17歳の少女が主人公。寺西一浩作品を見ると毎回いろんなことに驚かされるのだが、今回驚いたのは録音である。同録の音声をどういじってるのか、背景音が入ったままで整音すらしていない部分と、アフレコでセリフだけの部分とがほとんどなんの脈絡もなく入り乱れるのだ。映画って自由だな……ちなみにチラシには録音のクレジットはなかったです。

映画は寺西監督がこよなく愛する東京タワーというフロイト的ショットからはじまる。東京タワーのふもとにある麻布十番の「煮込み てらにし」の女主人(長谷直美)の一人娘滝口アオイ(川津明日香)は高校生。ちなみに「てらにし」はうなぎの寝床みたいに狭く、とても映画ロケに使えるような店ではないのだが、まあ店名からして無料で使える理由があったのではないかと推測されるね! アオイは予備校で親友から「エターナルのHARUKI」に会わせてくれと頼まれているが、言葉を濁して返事をごまかしている。実はアオイは人気アイドルグループ、エターナルのメンバー、HARUKI(寺西優真)と幼馴染だったのである。これ、映画の中ではまったく説明されないので、どういう幼馴染だったのかもわからないし、そもそもエターナルがどのくらいビッグなバンドなのかも、アオイとHARUKIがそれぞれ相手のことをどう思ってるのかもさっぱりわからない。すべてが曖昧模糊としていかにも寺西映画らしい演出である。で、アオイは「彼は大スターだし住むところが違うから連絡も取ってないし」などと言い訳してるのだが、映画を見るかぎりではHARUKIを囲い込んでいるようにしか見えない。友人甲斐のない女である。

 

443f2910ab9081e6c5fb7aa8c00ee84d2

(残り 1855文字/全文: 3059文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

tags: GOD SIZUKU モナコ国際映画祭 宮田悟志 寺西一浩 寺西優真 岡田隆之介 川津明日香 平谷賢佑 田宮健彦 表情豊 西村一輝 野呂田直樹 長谷直美 難病

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック