柳下毅一郎の皆殺し映画通信

『8日で死んだ怪獣の12日の物語-劇場版-』 「リモート映画」を劇場公開しようというからには、それなりのことはやってるはずだ、とちょっとは期待しながら出かけたんだけど・・・

公式サイトより

 

8日で死んだ怪獣の12日の物語-劇場版-

監督・脚本 岩井俊二
原案 樋口真嗣
出演 斎藤工、のん、武井壮、穂志もえか、樋口真嗣

リモート映画である。コロナ禍による自主自宅待機が続く中、実際に会って密な撮影ができないならリモートで映画を撮ろうというわけだ。誰もが考えることかもしれないが、それを劇場用映画として公開しようというからには、それなりのことはやってるはずだ。誰もが見飽きた四角いウィンドウの中に顔が浮かぶ画面じゃあ、どんなにスクリーンサイズをでかくしたって映画にはなるまい。そこんとこの工夫は何かしらあるんだろうな……とちょっとは期待しながら出かけたんだけど、いやはやなんとも。

 

 

物語はほぼ斎藤工、のん、樋口真嗣らによるzoom会議で進行する。当然相互の絡みなどないので、すべてが説明ゼリフだけで進行する。さすがにそれだけでは間が持たないと思ったか、あいだにドローンで撮影した人影のない渋谷の風景や、怪獣の仮面をつけたダンサーが踊る場面が映像詩的に挟みこまれるという……こういう映画が作られてしまった2020年という年のドキュメントと、その鎮魂の詩というかたちでまとめられている。およそコロナ映画、リモート映画としては、考えうるかぎりもっとも安易な、最悪の選択だと言える。のんが見えない「宇宙人」相手に一人芝居してみたりするのがおもしろいと思える人は見ればいいんじゃないかな……

 

サトウタクミ(斎藤工)は通販サイトで「カプセル怪獣」を購入する。紙粘土で作ったようなまんまるの白い球。これが何になるんでしょーか……と配信している。以下誰に向けているのかわからない一人芝居が延々と続くのだが、これはそういうものと思って見るより仕方ない。「カプセル怪獣」は日々変化し、成長してゆく。タクミが紙粘土怪獣の変化を(zoomで)樋口真嗣に報告すると「三つになるってことはミクラス、アギラ、ウィンダムだよ。“カプセル怪獣”と言えばウルトラセブンだから」「おっ、それはグドンじゃない? グドンは強い怪獣だよ~」てな調子で怪獣博士の本領を発揮、ウルトラ怪獣薀蓄を語ってくれるのである。まあこれが原案ということで。

 

(残り 722文字/全文: 1697文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

tags: YouTuber 岩井俊二 斎藤工 樋口真嗣 武井壮 穂志もえか

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ