柳下毅一郎の皆殺し映画通信

『電車を止めるな!~のろいの6.4km』 運転士が悪霊に乗り移られて電車が暴走するけど、それじゃ「電車を止めろ!」じゃないか! あの銚子電鉄製作によるプロモーション映画の登場

公式サイトより

 

電車を止めるな!~のろいの6.4km

監督 赤井宏次
原作 寺井広樹
脚本 赤井宏次、竹本勝紀、寺井広樹、吉村みやこ
出演 コウガシノブ、末永百合恵、中川緋奈乃、松本倖大、道井良樹、池上恵、相馬絵美、手塚涼大、秦野豪、村井美樹、木村裕子、谷口礼子、柏木亮、ぶっちゃあ、泣石家霊照、鉄平、五十嵐はるみ、志月かなで、光益公映、佐野明子、小嶋みつみ、中田敦彦、日野日出志

 

銚子電鉄は千葉県の端にある長さ6.4キロのローカル鉄道。平成18年、破産の危機に瀕した際にぬれ煎餅の売上でそのピンチを脱したという逸話を持つ。現在もぬれ煎餅の売り上げのほうが鉄道の営業収入よりも多いとか、あいかわらず綱渡りの経営が続いている。自虐ネタが好きらしいのはトモシビ~銚子電鉄6.4キロの軌跡で鉄道vs高校生の衝撃の駅伝対決が描かれたことですでにおなじみ。というわけで満を持して銚子電鉄製作によるプロモーション映画の登場なのである。銚子電鉄社長蔵本(コウガシノブ)は経営危機打開の一策として「心霊電車」を走らせることを決める。だが、その列車には本当の心霊現象が発生したのだ。列車は無事に終点までたどり着けるのか!?

とまあそういう話になるわけだが、こういうタイトルなんだから当然さまざまな障害をくぐり抜けてなんとしても終点にたどり着くのだ!という話になるべきだと思うんだが、違うんだよ! 運転士が悪霊に乗り移られて電車が暴走するんで、それじゃ「電車を止めろ!」じゃないか! そこはちょっとくらいは考えてほしかった……さらに言えばこのタイトルなんだから嘘でもいいからワンカット撮影の場面作らないのか。銚子-外川間わずか20分だからフィルム撮影でもワンカットで撮れるぞ! まあそういう試みをしない時点で、タイトル以上のパロディは考えていないのは明白なのであった。

 

 

銚子電鉄の危機を救うための方策を考えているアイデアマンの蔵本社長は真夜中に「心霊列車」を走らせようと思いつく。実際には「お化け屋敷列車」としてイベント列車を走らせていたらしい。変なのは「真夜中」というところ。映画では犬吠駅スタートで仲ノ町駅で折り返し、外川駅まで戻ってくるコースなのだが、これ真夜中に出発するまでと列車到着後、どうするつもりなんだよ! 犬吠駅前がどんな繁華街なのか知らないが……根本的な設定にだねえ……

社長が企画をテレビ局に売り込んだりするスポンサーやらクラウドファンディングやらへの義理を済ませる場面のあと、いよいよそれぞれに訳アリの乗客が集まってくる……と言いたいところだが、実は映画の最初に女子高生が痴漢に追われた拍子で祠を壊して悪霊の封印が解かれる場面があるので、あの祠をなんとかすればいいのね……と観客全員にはとっくにわかっている親切設計だ。

 

(残り 1092文字/全文: 2313文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

tags: ぶっちゃあ コウガシノブ 中川緋奈乃 中田敦彦 五十嵐はるみ 佐野明子 光益公映 吉村みやこ 寺井広樹 小嶋みつみ 志月かなで 手塚涼大 日野日出志 木村裕子 末永百合恵 村井美樹 松本倖大 柏木亮 池上恵 泣石家霊照 相馬絵美 秦野豪 竹本勝紀 谷口礼子 赤井宏次 道井良樹 鉄平

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ