柳下毅一郎の皆殺し映画通信

『いのちの停車場』 サユリ+在宅医療! サユリは、ひたすら患者とおしゃべりし、するとその患者が死んでゆく。このくりかえし。医者なんだから医療行為しろよ!

公式サイトより

いのちの停車場

監督 成島出
原作 南杏子
脚本 平松恵美子
製作総指揮 岡田裕介
撮影 相馬大輔
音楽 安川午朗
出演 吉永小百合、松坂桃李、広瀬すず、南野陽子、柳葉敏郎、小池栄子、伊勢谷友介、みなみらんぼう、泉谷しげる、森口瑤子、松金よね子、石田ゆり子、田中泯、西田敏行、鈴木咲、小林綾子、国広富之

 

サユリ+在宅医療! 年に一本はサユリ映画を作る決まりになっている東映が二〇二一年にお送りするのは在宅医療映画と組み合わせたハイ・コンセプト作品。ピア まちをつなぐものケアニン~こころに咲く花~と近年目立つ介護・在宅医療エクスプロイテーションを大東映が取り上げたわけである。そうかついにサユリも老人役を演じるときが来たのか!と思ったが大間違いで、サユリは東京でバリバリやってた救急医だったがしくじって故郷金沢に帰り、なぜか西田敏行のところで在宅医療をやることになる。ところでこの在宅医療というのがマジで何もしない! サユリ、ひたすら患者とおしゃべりし、するとその患者が死んでゆく。このくりかえし。医者なんだから医療行為しろよ! 死神サユリの医療費削減のプロパガンダ映画かと思ったわ。

 

 

東京。トラック内の多重衝突事故で負傷者が多数病院に運び込まれる。テキパキと診察を進めるベテラン救急医白石咲和子(吉永小百合)。緊急時でもやたらスローな動きなのはベテランの落ち着きの表現なんだよな! そこへ事務員野呂(松坂桃李)が泣く女の子を抱いて入ってくる。慌てず騒がずサユリが点滴の準備をしたところで、さっきまでトリアージしてた患者の一人が心停止と報告がある。急ぎそちらへ向かうサユリ。泣く女の子を前に野呂は……

……勝手に点滴を刺したため、会議で譴責を受ける野呂。いやいくら女の子が泣いてたからって医大卒とはいえ国家試験を三回落ちて事務員として拾われたやつが勝手に医療行為しちゃだめでしょ! 吊るし上げられる彼の前に敢然とあらわれた咲和子。「現場の責任者はわたしです!」とすべての責任をかぶって病院をやめる。

そして帰ってきたのが故郷、金沢である。迎えるのは一人暮らしの画家である父白石達郎(田中泯)。1945年生まれはサユリと同い年……ってちょっと待てよ! またしてもサユリ年齢問題が発生である。もはやサユリ映画には欠かせぬ存在になった年齢問題なのだった。そんなわけでいい年で実家に戻った咲和子、昔からよく知っている仙川医師(西田敏行)が院長をつとめる近所の「まほろば診療所」に勤めることにする。仙川が交通事故に遭って車椅子暮らしなので、彼に代わって訪問医療を引き受けることになったのだ。西田敏行(1974年生まれ)は「あなたは顔を見ただけで人を安心させる人だから、訪問医療にはぴったりだ」とおべんちゃら。病院には姪っ子を育てるシングルマザーの訪問看護師の麻世(広瀬すず)がいる。以下、麻世と咲和子で四人ばかりの患者を見る……ところでサユリ萌えの野呂が「あんなところ辞めました! 使ってください!」と医者のドラ息子らしくスポーツカーで乗りつけてまほろばファミリーに加わるのだが、そもそもおまえクビにならなかったのか! 甘すぎるだろ!

 

(残り 2022文字/全文: 3389文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

tags: みなみらんぼう 介護福祉 伊勢谷友介 南杏子 南野陽子 吉永小百合 国広富之 在宅医療 安川午朗 小林綾子 小池栄子 岡田裕介 平松恵美子 広瀬すず 成島出 松坂桃李 松金よね子 柳葉敏郎 森口瑤子 泉谷しげる 田中泯 相馬大輔 石田ゆり子 西田敏行 鈴木咲

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ