「ノンフィクションの筆圧」安田浩一ウェブマガジン

【速報・無料記事】桜井誠(元・在特会会長)都知事選出馬会見詳報

 6月29日午後、東京都庁(記者クラブ会見室)において桜井誠氏(在日特権を許さない市民の会元会長。以下、桜井)が都知事選出馬会見をおこなった。記者とのやり取りは、はっきり言えばまるでかみ合っていない。会見自体がヘイトスピーチだったといえなくもない。

  以下、会見要旨。

 桜井 都知事選に出馬させていただくことになった桜井誠です。出るからには勝つ気概で選挙戦を戦い抜く覚悟です。しかしそれ以上に都民に対して訴えることを目標にしていきたいと思っています。

 第一に、舛添前都知事をめぐる問題で、一番の責任は都知事本人であることは間違いありません。しかし、舛添氏の両手を握り「都知事には舛添さんしかいない」と都民にでたらめの紹介をしたのは、自民党の安倍総裁、公明党の山口代表の二人。結果として都民は誤った判断をしてしまった。選択した都民の責任も問われているが、誤った情報を提供した自民、公明の責任は重大です。

 その責任を問いたい。

 第二に、先日の防衛費を「人を殺す予算」と言い切った共産党、北朝鮮に渡航し「金正日総書記万歳」と書いた北朝鮮シンパの民進党候補者などいわゆる反日勢力の候補者に対する情報を都民に投げかけたいと思います。

 そして最後にどう考えても実現不可能な公約を100も200も書き連ねる、職業的詐話師ともいうべき輩を都知事候補にすることの愚かしさを伝えたいと思います。

 荒波迫るわが国ですが、今回の都知事選を通じて、本来の保守とは何かを体現したい。東京都が抱える問題を言挙げし、都益の観点から解決方法を都民に提示したい。米国のトランプに負けないナショナリズムを掲げて、実際、日本を代表するナショナリストと呼ばれていますが、まずは「都政を国民の手に取り戻そう」そして「一緒に夢を見よう」を合言葉に戦いたいと思います。

 次に公約を説明します。

 1、行政裁量の範囲で都内に在住する外国人への生活保護費の支給を停止し、生活保護の受給者は日本国民に限定します。

 2、都内の不法残留者を4年間で半減させます。

 3、日本人に対し外国人が虚構の歴史に基づいて責め立てる、いわゆる「反日ヘイトスピーチ」の禁止条例を制定します。

 4、税の公平性に反して減免されている総連、民団の関連施設への課税強化を図ります。

 5、違法賭博パチンコに対して規制を実施します。

 6、韓国学校建設は中止します。

 7、改めてコンパクト五輪の意義を考え、現行の東京五輪案の改善を図っていきます。

 それでは質問をどうぞ。

 朝日新聞 なぜ本名で出馬しないのか。ヘイトスピーチ対策法にどう対応していくのか。

 桜井 共産党の不破(哲三・前)議長もペンネーム。本名でなくてはならないのであれば、不破議長にも聞いてほしい。ヘイトスピーチに関していえば、私はこれまでヘイトスピーチを用いた活動などしていない。一方、韓国や北朝鮮によって日本人は多くの犯罪被害を受けてきた。両国民は「反日教育」を受けている。日本に対して親和性などあるわけがない。そうした人々に出て行けと言ってるだけだ。 

 朝日新聞 政治家にはならないのではなかったのか。以前、橋下元大阪市長との会談ではそのように話していた。

 桜井 もう2年も前のことだ。ハシシタも市長をやめた。
(「ハシシタではなく、ハシモトではないか」と質問者の朝日記者が訂正を求めるも、桜井は無視)

 タイムス 安倍首相と統一教会の関係、あるいは元在特会幹部の増木(重夫)氏と統一教会の関係をどう思うか。

 桜井 本人に聞いてほしい。

 タイムス 新宿駅で無抵抗の老人に暴行を働いている動画がある。これをどう思うか。

 桜井 挑発してきたのは老人のほうだ。

 やまと新聞 朝鮮大学の許認可は東京都がおこなっている。どう取り組む予定か。

 桜井 許認可権をフルに発揮し、朝鮮大学の犯罪性を暴いていく。あなたたちが取り組まないから、私が出るしかない。あなたがたの責任が大きい。

 東京新聞 地方自治体はヘイトスピーチ対策法にのっとり、それに応じた施策をおこなう義務がある。どう対応していくのか。

 桜井 対策法は単なる理念法。在日韓国人が出て行けば解決する問題。同胞愛に満ちた朝鮮半島で暮らせばいい。日本人に対するヘイトは許されない。ここは日本だ。日本人だけの国だ。私の武器は街宣。この武器を120パーセント活用して選挙を戦っていく。

 ニコニコ動画 「一緒に夢を見たい」とおっしゃっているが、どんな夢を見たいのか。

 桜井 知事になる可能性は客観的に見ればないだろう。しかしこれまで在日の問題を言挙げすることすら許されなかった。タブーでなくなった。私は移民受け入れにも反対だ。こうしたことがさらに言挙げできる社会を夢見ている。

 朝日新聞 ペンネームの出馬。どんな方なのかよくわからない人も多い。資料、情報がない。選挙運動では、在特会としては政治団体としてサポートしていくのか。母体はどこか。

 桜井 一部メディアには資料を提出している。『都政を国民の手に取り戻す会』という団体を作った。そこが母体となる。在特会はほぼ動いていない。

 安田浩一 日本人に対するヘイトスピーチとは何か。ヘイトスピーチは社会的力関係を背景として発せられるものだ。

 桜井 ヘイトスピーチに関して社会的に意見が一致していない。実際、私は意見を聞かれてもいないのに対策法ができてしまった。いま、言論弾圧がおこなわれている。あなたはネトウヨは社会的に追い詰められている、不平不満をぶちまけているだけだと記事に書いている。ならば、弱者はわれわれだ。われわれこそマイノリティだ。

 安田 選挙戦にかこつけてヘイトスピーチしたいだけではないのか。

 桜井 いままでやってきた街宣内容をやっていくのは事実。どこでもいつでも私は同じだ。

 毎日新聞 在日韓国人は出て行けというのはヘイトスピーチには該当しないと考えているのか。

 桜井 最良の方法は出て行くこと。戦後70年、在日韓国人も朝鮮人もなにもあらためていない。もうけっこうです。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック