「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

次の公式戦まで短いブレイクを挟み、各代表選手はそれぞれ遠征に経つ。一方でオリヴィエ・ブマルや大津祐樹が加わり、ポジション争いは激化するだろう [J4節浦和戦レビュー]

 

 浦和レッズは従来の4-1-4-1から4-4-2にシステム変更してきた。ボールサイドと反対のサイドハーフはインサイド寄りにポジションを取り、マリノスのボランチとサイドバックを両方見るような形を取ってきた。開幕から2分1敗と勝てていないチームゆえに、割り切って自分たちの形を変えられたのかもしれない。

対して、マリノスは水曜日のベガルタ仙台戦に続いてダブルボランチを採用。すると扇原貴宏が持ち前の展開力を取り戻した。左右の対角線に躊躇することなくロングボールを送り、33分には相手最終ラインの背後を取ったユン・イルロクへ決定的なラストパス。ユンが頭でつないだボールをウーゴ・ヴィエイラが決めていればパーフェクトな流れだった。

アンジェ・ポステコグルー監督はショートパスに固執しているわけではなく、局面によっては長いボールを活用することも認めている。ただ難しい体勢で、通る見込みの低いロングボールやロングシュートを嫌う傾向にあるというだけ。喜田拓也の負傷によって2試合連続で先発した扇原は、ようやく及第点以上のパフォーマンスを見せた。

互いにここまで未勝利という事実が肝心な場面での精度を奪った側面もあるかもしれない。チャンスを仕留める力が両チームともに欠けていた。後半に入り、マリノスは59分にセットプレーのこぼれ球を拾った山中亮輔からウーゴ・ヴィエイラとつないで決定機を迎えたがGK西川周作に阻まれる。直後の60分にもセットプレー崩れから再びウーゴ・ヴィエイラがチャンスを迎えたが、シュートは西川と柏木陽介のダブルブロックに弾かれた。

前半から通算した3回の決定機を決められないウーゴ・ヴィエイラ。しかし我々は彼が根っからのストライカーであることをポステコグルー以上に知っている。それまでのチャンスに比べれば難易度が高いように見える、動き直し&トラップ&シュートだが、追い込まれた土壇場だからこそ血が騒ぐ。応対したのが守備選手ではない興梠慎三という幸運はあったものの、簡単ではないゴールを決めてマリノスに勝ち点3をもたらした。

 

 

下バナー

(残り 932文字/全文: 1808文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ