「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

ポステコグルー監督は1点ビハインドのハーフタイム、強い口調でチーム、特に両ウイングのシノヅカと遠藤に檄を飛ばした [Lカップ3節 新潟戦レビュー]

 

ウォーミングアップ中に降っていた雨は試合開始の頃にはだいぶ弱まり、キックオフしてすぐに止んだ。後半に入って再び雨粒が落ちてきたが、スリッピーになったピッチコンディションは文句なし。ボールを回して相手を動かすには絶好の環境だった。

 リーグ戦から先発を総入れ替えしたマリノスは、コンビネーションや呼吸に少なからず不安を抱えていた。このユニットで試合をするのはもちろん初めて。「ポジショニングがすべてのサッカー」(下平匠)だからこそ、各ユニットの調和性、実効性がチームパフォーマンスを大きく左右する。その点で、前半の内容は低調だったと言わざるをえない。

アルビレックス新潟の戦法に手を焼いた印象もある。4-2-3-1、あるいは4-4-1-1の布陣の相手は、前線からのプレッシャーよりも中盤のスペースを消すことに注力していた。金井貢史と西山大雅の両センターバックがボールを持ってもプレッシャーは弱く、サイドにボールを出してから徐々に追い込まれる。最終ラインと中盤のボールの出し入れで相手の陣形を崩せず、両ウイングも手詰まり状態だった。

その展開をさらに強まったのが、試合のすう勢を決める新潟の先制点だ。バイタルエリアでこぼれ球を拾ったターレスが前を向いてディフェンスラインの背後にラストパスを出すと、高木善朗の裏抜けがオフサイドラインぎりぎりで見事に決まる。あれだけタイミング良く斜めに動き出されては、本職のサイドバックではない山田康太はひとたまりもない。懸命に追いかけた西山も間に合わず、GK杉本大地は完璧なループシュートを決められてしまった。

前半終了間際にも絶体絶命のピンチを迎える。川口尚紀のパスに抜け出した田中達也が独走し、杉本と1対1に。だがこの場面は上手く間合いを詰めてストップした杉本がループ気味のシュートを体に当ててセーブ。結果としてこのシーンが試合の潮目となり、後半に入ってからの反攻の呼び水となる。

 

 

下バナー

(残り 918文字/全文: 1738文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ