サッカーライター大忘年会 12/20(木)渋谷で開催

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「16位という順位は苦しいけど、これで守ってカウンターのサッカーに戻したら意味がない。意地でも貫いて、今は我慢しないといけない」(飯倉)他 [神戸戦後コメント]

 

【試合を終えて】

アンジェ ポステコグルー 監督

「非常に残念な結果だったが、選手たちは最後の最後まで力を出し切ってくれた。内容はすごく良かったし、結果に関しての責任はすべて自分にある。選手は最後まで力を出し切って素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた」

 

――2点目を取れないが、そういう展開で1点でも勝ち切る考えを取り入れる余地は?

「今日のようにチャンスを作れている展開であれば結果は変わってくる。選手に対して何も文句はないし、良いパフォーマンスだった。結果については自分が責任を持って取り組んでいく。今日の展開だと2点、3点取れてもおかしくない試合だった」

 

――運動量が多いサッカーだが、連戦やこれから気温が上がってくることに関してどう考えている?

「今のサッカーをしっかり続けていければ結果は出てくるし、サポーターが報われる結果がついてくるということ。今日の試合は90%以上コントロールできた。このサッカーをしっかり続けていくことが大事」

 

――2点目を取れないのは何が足りない?

「自分たちのサッカーの中でひとつだけ解決策見出だせていないのは最後の部分。それはやり続けて、映像も確認しながら解決策が見つかれば、練習で落とし込んでいく。ただ、先ほども言ったように良いサッカーをやっていて、このパフォーマンスについては何も文句はない」

 

DF 22 中澤 佑二

「いい形で点を取れたけどちょっと遅かった。前半に点を取れていれば“たられば”だけどもう少しゲームをコントロールできたと思う。1点を取るのにものすごく手間暇かけている。やっと点を取ったと思っても、あっさり失点すると精神的なダメージが大きい。チームとして2点目を取らないといけないし、高いラインの背後を狙われた場面でももう少し粘り強く守らないといけない。どうしても手数をかけているので、ボールを奪われたあとに攻められると数秒でゴールまで来られてしまう」

 

FW 16 伊藤 翔

「前半に点を決められていればラクな展開になっていた。点が入っていないので100点ではないけど、形としては悪くないシーンもあった。エリア内の人数が少ないのはこのチームの永遠の課題。クロスを上げる側もターゲットが一つでは難しいし、相手DFは潰しやすい。(遠藤)渓太がシュートを打ったシーンは自分含めて枚数が多かったと思うので、そういうシーンをもっと作らないといけない。残り時間が少なくなってくると裏を取られて失点するのは、前回の広島戦と同じだった。疲れてきた時間帯をどう戦うかは、チームとして意思統一しないといけない。点を取らないと勝てないけど、点を取られなければ負けないわけだから」

 

下バナー

(残り 1031文字/全文: 2161文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題