【サッカー人気1位】王道のCF、デンマークより来たる。浦和…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

連敗中だけに個人のアピールにも期待したい。右ウイングで今季公式戦初先発濃厚の仲川輝人は「エネルギーは溜まっている」と言葉に闘志を込めた [Lカップ 4節 FC東京戦プレビュー]

 

 悔しい敗戦となったヴィッセル神戸戦から中2日で臨むルヴァンカップグループステージ第4節・FC東京だ。常に目の前の試合のパフォーマンスだけを注視する指揮官も「これだけ連戦が続くと先のことは考えないと言っても考えざるをえない」と本音をポロリ。週末の土曜日にはリーグ第9節・湘南ベルマーレ戦が控えている。現在のところ2連敗中という流れを断ち切るために勝ち点3が必須。当然ながら、その試合を見据えた運営が求められる。

そういった事情を踏まえた明日の先発は、先々週のアルビレックス新潟戦でプレーした11人が軸になりそう。GK杉本や最終ラインの4人はまったく同じ顔となり、中盤の中町公祐や前線のイッペイ・シノヅカも同じく名を連ねる。神戸戦から引き続きの連戦となるのは伊藤翔とダビド・バブンスキーの二人で、疲労度や週末を見据えた編成の中で先発しそうだ。リーグ戦の主軸となっているメンバーの大半はベンチにも入らずに調整する。

試合前日の練習前ミーティングの場で、アンジェ・ポステコグルー監督は各選手に現状について感想・意見を求めたという。年長選手から順番に各々の言葉を吸い上げ、チームとしての方向性を確認。多くの選手が「良い内容のサッカーをやっている。自信を持ってやることが大事」と話し、チームは一体感を高めて明日の試合を戦う。

 

 

下バナー

(残り 452文字/全文: 1024文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ