「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「蹴った瞬間に入ると思った。狙い通り」 進化する背番号14 天野純は決定的な仕事をやってのけた [J11節 鹿島戦レビュー]

 

前節からの先発変更は4選手。右サイドバックに山田康太が入り、リーグ戦での初先発となった。ボランチは4試合ぶりに中町公祐が先発して天野純とコンビを組み、トップ下には伊藤翔が起用された。伊藤はウーゴ・ヴィエイラと縦関係を形成し、孤立させないポジショニングを取る。そして右ウイングには仲川輝人ではなく遠藤渓太が入った。

 7分、左サイドで得意のコンビネーションからボールを受けたユン・イルロクがペナルティエリア内へのパスを選択。走り込んだ天野純が左足を振り抜くと、シュートは相手DFに当たってコースが変わり、これを遠藤が身体を投げ出して頭に当ててゴールネットを揺らした。

中町とコンビを組んだ天野は、GK飯倉大樹や最終ラインからボールをピックアップする作業を行い。攻めては相手ゴール前まで幅広く動いた。その光景自体はこれまでとあまり変わらないものだが、鹿島アントラーズ戦ではペナルティエリアの横幅でプレーすることを意識した。コーナーフラッグ付近まで流れてクロスを送る形を減らし、ゴールに直結する位置を取る工夫が先制点を呼び込んだ。

進化する背番号14は自身も決定的な仕事をやってのける。前節のコンサドーレ札幌戦と同じような位置で得た直接FKを、今度はGKが触れないコースに蹴り込み、ポストに当たってゴール。「蹴った瞬間に入ると思った。狙い通り」と自画自賛の完璧なFKで貴重な追加点をもたらした。

最近喫した3つの黒星はいずれも逆転負けだったため、どうしても不安が脳裏をよぎる。だがその3試合と違うのはリードが2点だったこと。ビハインドの相手はより前傾姿勢を強め、そして鹿島アントラーズのプレスは想像通りに強烈だった。中町が「相手のボランチ二人がウチのボランチに対してプレッシャーをかけてきて、その圧力が他のチームよりも強くてなかなか良い形でボールを回せなかった」と述懐したとおりである。

2点のリードを奪ってからは、自陣でのボールの失い方が悪く何度もピンチを招いた。中町や山田や伊藤が危険な奪われ方をすると、そのままの勢いでフィニッシュに持ち込まれそうになった。ここで失点していたら最近の流れの悪さから気落ちし、自信を失っていたことだろう。だがしかし、今日のマリノスは一味もふた味も違い、勝利に貪欲だった。

 

下バナー

(残り 823文字/全文: 1779文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ