【サッカー人気3位】【西部謙司の移籍通信簿】180度転換の…

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「一歩二歩のサポートの位置の違いで大きく変わる。大げさではなくそういう世界の話」 目指しているスタイルの積み上げに喜田拓也の迷いはない [練習レポート]

 

 

5日の名古屋グランパス戦で11試合ぶりに先発出場したMF喜田拓也。26分には山中亮輔のクロスを頭で合わせて、チームに先制点をもたらした。そのシーンを振り返って「感触は良かった。すべてがマッチした」と手ごたえ十分の様子。喜田にしては珍しいヘディングシュートでのゴールとなったが「予測できていたし、準備もできていた。ただ、あまり早く入ると相手は高さがあるので、少し我慢して飛び込んだ。ヤマちゃん(山中)のボールも良かった。疑いながらではなく信じて飛び込めた」と胸を張った。

 

 

下バナー

(残り 443文字/全文: 701文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: 喜田拓也

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック