『サッカーパック』37メディアが1550円で読み放題

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「全部、自分が防げた失点。ここでダメになるか上へ行けるか、自分にとって分岐点かもしれない」(杉本)他 [仙台戦後コメント]

 

【試合を終えて】

アンジェ ポステコグルー 監督

「まずベガルタ仙台におめでとうと言いたい。前半は悪くなかったが、後半は追いかける展開になって、少しオープンな試合になってしまった」

 

GK 31 杉本 大地

「誰かのせいにするつもりはないし、言い訳するつもりもない。全部、自分が防げた失点だった。サポーターや一緒にプレーしている仲間に申し訳ない気持ち。今日はオレの責任です。(栗原)勇蔵くんや(金井)貢史くんをはじめ、みんな体を張って守ってくれた。コースをしっかり限定してくれている中で失点したのは自分の問題。飛び出すところの判断やFKで決められたシーンは自分の問題だし、自分を見つめ直さないといけない。切り替えるというよりも、受け入れていく。ここでダメになるか上へ行けるか、自分にとって分岐点かもしれない」

 

下バナー

 

DF 4 栗原 勇蔵

「なんとか90分できた。それは個人的な収穫。そんなことを言っている状況や立場ではないけど、90分間しっかりプレーできたことはサッカー選手として楽しかった。でもこういう展開と結果になってしまったのが残念。仙台はしっかり対策を練ってきて、距離感や守備でやるべきことが今日はできなかった。力負け。ウチが特殊なやり方をしているので相手が研究・対策してくるのは当たり前。もっと上をいかないといけない」

 

MF 8 中町 公祐

「攻め込んだ後に守備の番になるけど、そこで連動した守備ができないと全体が下がらざるをえなくなる。攻撃に人数を割いている分、危険なスペースがたくさんある。切り替えた時の人の配置は見直す必要があるかもしれない。ああなると攻守において走る距離が長くなって、ピンチも増えていく。あと今日は失点でリズムを崩したところもあった」

 

DF 38 山田 康太

「自分のところで奪う守備をしないといけなくて、その負担が大きくなってしまった。遅らせるというよりも、自分が取り切らないと後ろがキツくなる。対人守備はかなりガツガツやることになったけど、ほとんどノーファウルでプレーできたのは良かった。4失点目のクロス対応は、もっと速いクロスが来ることを予測していて、結果的に自分が戻り過ぎてヘディングできなかった。その後はリカバリーしようと思って絶対に股だけはやられないことを意識したけど、ニアサイドをやられてしまった」

 

 

 

 


当サイトの内容、テキスト、画像等を無断で転載・使用することは著作権法により禁止されております
All rights reserved.Unauthorized duplication is a violation of applicable laws.


« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック