「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「(ゴールは)ミスキック。ストライカーになったほうがいいかもしれない(笑)」(デゲネク)・「(ループを狙われた場面について)ミロシュさまさま。クリアしてくれて助かった」(飯倉) 他 [新潟戦後コメント]

 

【試合を終えて】

アンジェ ポステコグルー 監督

「非常に難しい試合だった。グラウンドや風の状況が難しかった。特に前半はスローテンポになってしまって、点は入ったが後半の方が自分たちの良い流れが増えてきたのかなと思う。ただ、いずれにせよ良い結果で終われたし、選手たちも頑張ってくれたと思う」

 

――扇原選手がFKを決めた。左足の良いキッカーが何人もいるが、FKに関してどう使い分けしようと考えている?

「自分たちは多くのチームにファウルを受けるので、直接FKはどの選手が打ってもチャンスかなと思っている。ただ、ワイドエリアやCKからのセットプレーに関しては、もう少し成長できるし、良くできると思っている」

 

――今日の試合に勝ったことで次のラウンドに進出することになったが、ルヴァンカップを勝ち進んでいくことの意味は?

「最近勝てていなかった中でクラブとってもサポーターにとっても良い結果になって良かった。プレーオフに進むことでまた2試合できるので、その中でチームとしても成長できる。良いチームと対戦することはクラブにとっても大事だし、楽しみにしている。ルヴァンカップも大切にしている」

 

――ボールロストの多さが気になったが、もう少し試合を支配できたのでは?

「そのとおりだと思う。今日はグラウンドコンディションや風が自分たちにとって向かなかったが、その中でも選手たちはやろうとしていたと思う。ただ、前半に関してはテンポがちょっと遅かったので、もっと前を向いてプレーできなかったことが気になる。そこはもっとチームとして成長していかないといけない」

 

FW 16 伊藤 翔

「今日は最低限、次のステージに進むことが目標だった。(横に扇原貴宏がいるのを意識しながら)えげつないFKを決めてくれた人がいた(笑)。こちらが先制したけどすぐに失点して流れが悪くなるところを、すぐにFKで決めてくれてラクになった。今日勝てたことは良かったけど、すぐにリーグ戦があるので、この流れを土曜日に継続させていきたい。(前半の惜しいヘディングシュートについて)入ったかと思った。でもああいう動きをこれからも増やしていくことが大事」

 

 

下バナー

(残り 1262文字/全文: 2189文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ