「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「最初はチャンスがなかったけど腐らずやってきた」(仲川)・「気持ち良く代表に行ける。チームの連戦は終わったけど、自分はこれからも個人的に代表で連戦が続く」(デゲネク)・他 [長崎戦後コメント]

 

【試合を終えて】

アンジェ ポステコグルー 監督

「結果はとても良かったと思う。自分たちにとってもサポーターのみなさんにとっても、報われた結果になった。パフォーマンスも良かったと思うが、2失点しているところが問題。ただ、後半は選手たちが素晴らしいファイティングスピリットと良いパフォーマンスを見せてくれた。もう少し点が取れたかなと思う」

 

――仲川は開幕当初ベンチにも入らず、紅白戦から外れることもあった。シーズン当初から彼がどう変わったのか、そして評価はどう変わった?

「仲川に関して、足が速いことは分かっていたが、自分たちのシステムや戦術理解の部分で、他の選手より少し時間がかかった。ただ、ここ数週間はとても良いパフォーマンスをしている。そして今日に関しては、仲川だけではなくて遠藤も相手にとって脅威になるプレーをしていたのではないかと思う。遠藤はPKを獲得し、二人とも良いサッカーをしていたと思う」

 

――中断期間になるが、ここまで振り返ってチームをどの程度作れた?

「結果だけを見るとあまり良くないかもしれないが、選手たちがしっかり信じて自分たちのサッカーをやり続けてくれた。どういうサッカーをしてほしいかということは、自分が思っていたより早く理解してくれたかなと思っている。中断期間でさらに理解を深めてもっと良いチームにできると思っている」

 

――何かを恐れてプレーして脆くも崩れ去る場面と圧倒する場面と二つの顔があると思うが、ずっと良い方に向かせるにはどうするべきだと考えている?

「ワールドカップ期間までのまとめは今の質問が一番のまとめかなと思う。試合の中ですごく良い時と悪い時の差が激しすぎる。だが、振り返ってみると今年やっていることは去年までのマリノスのサッカーに比べて要求が高い。内容がガラッと変わる中で選手たちは頑張ってくれているし、これからもっと良いチームになると自信を持っている。おっしゃられたところを直すことができれば止められないチームになると信じている」

 

FW 19 仲川 輝人

「自分としては点を取れる気がしていたし、チームとして前半の入り方も良かった。失点が2失点とも時間帯含めて軽さが出てしまったけど、攻撃では前半から流動的な動きでチャンスを作れていて、このまま後半も続けていけば点を取れると思っていた。1点目は(山田)康太がいい形で抜けて、マイナスの位置でボールを受けようと思ったらボールがこぼれてきた。2点目は(松原)健が外を回ってくれて、相手のDFが引きつけられて自分にスペースができたので思い切り振り抜いた。シーズンの最初はチャンスがなかったけど腐らずやってきた。自分がベンチや外から見ていてもマリノスのサッカーは楽しかったので、その中で自分の持ち味を出したいと思っていた。それがこうしてゴールや勝利につながって良かった」

 

 

下バナー

(残り 2149文字/全文: 3356文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ