「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

(今日の試合の戦略は?)「毎試合変わることはない。自分たちのサッカー、攻撃的なサッカー」(ポステコグルー)他 [神戸戦後コメント]

【試合を終えて】

アンジェ ポステコグルー 監督

「ステージを突破できたことはよかったが、それ以上に試合をコントロールできたことが良かった。一つのミスから失点してしまったが、ゲームをコントロールできていた。相手が点を取らなければいけない中で良いパフォーマンスを出せた。この3~4週間は良い内容が続いているので、中断期間でさらに良くしていきたい」

 

――今日はかなり有利な状況で試合を迎えたが、どのような戦略だったのか?

「毎試合変わることはない。自分たちのサッカー、攻撃的なサッカーをやることだけを考えていた」

 

 

FW 9 大津 祐樹

「今日の試合は相手の背後にあまりスペースがなかったので、左サイドでプレーしたほうがボールを受けて起点になれると考えていた。そのタイミングでちょうどウーゴ(ヴィエイラ)が入ってきて、左サイドにポジションを移した。得点の場面は、ターンした瞬間にウーゴがあの位置に入ってくるのが分かった。見えていたのとイメージの合体(笑)。自分はもともと左サイドの選手だし、今はFWもできるしトップ下もできるし、右でもプレーできる。そのほうが監督も使いやすいし、与えられたポジションで特徴を出していきたい」

 

 

下バナー

(残り 1196文字/全文: 1723文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ