「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

一部報道で移籍の噂が上がっているウーゴ・ヴィエイラについて、アイザック・ドルSDは語った。キャンプには元韓国代表FWユ・ビョンスも参加 [十日町キャンプレポート1日目]

 

6月後半の新潟は暑い。おそらく気温30度に達していたであろう新潟県十日町市で、今年も夏季キャンプをスタートさせた。練習が始まった16時の時点では陽射しが強く、直射日光が容赦なく照りつける。練習が終わりに近づいた17時を過ぎて、ようやく高原地域らしい涼しさが漂ってきた。

横浜からバスで約4時間かけて移動してからの午後練習のため、キャンプ中としてはあまり強度の高くないトレーニングにとどめた。体幹トレーニングや基礎練習でじっくりと汗を流し、パス練習やボール回しでフィーリングを確かめる。最後はピッチを狭くした11対11のゲーム形式で約1時間30分の練習を締めくくった。

負傷明けの下平匠はゲーム形式を含めてフルメニューをこなし、復調を印象付けた。不在なのはオーストラリア代表のミロシュ・デゲネクとU-19日本代表の山田康太と堀研太、そして体調不良で来日が遅れているウーゴ・ヴィエイラの4選手。そのウーゴについて一部報道で移籍の噂が上がっている。

 

下バナー

(残り 847文字/全文: 1278文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

tags: ユ・ビョンス

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ