「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

U-19日本代表のロシア遠征に参加していた山田康太が合流。日本代表と時間を共にした貴重な経験に [練習レポート]

 

キャンプ打ち上げの2日後、マリノスは横浜市内でトレーニングを再開した。この日からU-19日本代表のロシア遠征に参加していた山田康太が合流。元気な様子でリカバリー中心のメニューをこなした。

今回のロシア遠征はワールドカップを戦っている日本代表と時間を共有するなど、貴重な経験になったという。滞在中は日本対コロンビア、日本対セネガル、そしてスペイン対イランの3試合をスタジアムで観戦。特に印象的な試合について「やっぱり日本の初戦のコロンビア戦がすごかった。スタジアムに入った瞬間の興奮とか熱狂度は一生忘れないと思う。自分はあのピッチに立ってプレーできるのかな、と不安になったくらい」と回想した。

 

下バナー

(残り 416文字/全文: 722文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ