「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「サポーター以上に選手のほうが試合が待ち遠しかったと思う。なぜなら練習がキツいから」(金井)・「(髪型について)グレーなのかな? 自分でもよくわからない(笑)」(扇原)他 [横浜FC戦前コメント]

 

【試合に向けて】

アンジェ ポステコグルー 監督

「先週の土曜日はみんながハードワークしてくれた。日曜日にリチャージを挟んで、月曜日はトレーニング量を調整し、11日の試合に良い状態で臨めるだろう。カップ戦なのでお互いにプレッシャーのかかる戦いになるだろう。土曜日に横浜FCのゲームを視察したが、難しくなると思う。だが、いつもと同じように、大事なのは自分たちのサッカーができるかどうか。マリノスのサッカーができれば相手の強みは消えるだろう。そして試合の入り方が重要になる。サポーターにとっては特別な感情があるだろうし、天皇杯ということで一発勝負でもある。でもいつもと同じサッカーの試合ということに変わりはない。後半戦に向けて良いスタートにしたい」

 

GK 21 飯倉 大樹

「明日は勝つことが一番大事。優勝するためには一戦一戦すべての相手に勝たなければいけないし、そのための一歩目になる。内容的には試合の入り方が重要。そこでリズムを掴めれば自分たちのペースになる。カズさん(三浦知良)は小さな頃からの憧れの存在。公式戦で対戦するのは初めてなので楽しみ。ただ、守備の選手としてはやられてはいけないプレッシャーもあるので難しい」

 

MF 14 天野 純

「試合に入り方が重要なのはどのゲームも変わらない。自分たちが主導権を握れればマリノスのサッカーができる。反対にフワッとした入り方になると相手にペースを握られてしまう。試合勘という点では相手のほうが上かもしれないし、一発勝負なので試合のリズムを早く取り戻すことも大事。ダービーだけど優勝するためにはどの試合も重要。J2のチームとの差はほんのわずかなもの。気を引き締めて臨みたい」

 

下バナー

(残り 398文字/全文: 1118文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

tags: pickup

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ