「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

代理指揮を執るピーター・クラモフスキーヘッドコーチとともに勝利をつかみ、ボスに朗報を届けたい [J17節 FC東京戦プレビュー]

 

「8-2で勝った次の試合だからこそ難しい。8点取ったチームのことは、どの相手でも警戒するはずだから」

 そう言いながらGK飯倉大樹は真剣な表情を崩さなかった。

再開初戦のベガルタ仙台戦を8-2の大勝で飾った。約2ヵ月ぶりのリーグ戦としては、最高のスタートと言っていいだろう。オフェンスに関してはこれ以上ないパーフェクトな結果。2失点して反省が必要なディフェンス面も、勝った試合で次への教訓を得たと思えばポジティブに捉えられる。

ただし油断や慢心は禁物である。仙台との力差が8-2のスコア通りかと言えば、そんなことはないだろう。3バックのチームに対してポゼッションで優位に立てるのは分かっていたが、開始2分で先制した展開は良い意味で想定外。立て続けに追加点を奪えた展開も理想的で、いろいろなことがハマった。

ボランチの扇原貴宏は「自分がプロになってから8点入った試合はなかった」とあえて苦笑い。そうそうない出来事なのだから、周囲は次の試合で期待し過ぎはいけない。特に対戦相手のFC東京は最近5試合無失点と、手堅いサッカーで勝ち点を積み上げている。仙台戦でハットトリックを達成した伊藤翔は「渋い試合になるかもしれない。粘り強く勝ち点3を持ち帰りたい」と気を引き締めた。

その試合に臨む先発11人は仙台戦と変わらない見込み。オフェンス陣はそれぞれが持ち味を発揮し、ゴールに絡んだのだから当然だろう。ベンチに座る7人もおそらく変わらない。仮にロースコアで焦れる展開になった時は、攻撃の駒として控えるウーゴ・ヴィエイラや大津祐樹、オリヴィエ・ブマルがアクセントを加える。

マリノスで唯一の変化は、指揮を執るのがアンジェ・ポステコグルー監督ではなくピーター・クラモフスキーヘッドコーチになること。

 

 

 

下バナー

(残り 718文字/全文: 1477文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ