「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「もう誰かの穴埋めはしたくない。主力みたいに思われているけど、リーグ戦は4試合。今年が終われば契約満了。それならばマリノスに移籍金を残したい」 [金井貢史の完全移籍について]

 

 

25日、マリノスはDF金井貢史(28)がJ1・名古屋グランパスに完全移籍することを発表した。金井は育成組織出身で2008年にトップチーム昇格。2013年にサガン鳥栖へ完全移籍し、2015年にはジェフユナイテッド市原・千葉の一員としてプレー。そして2016年から再びマリノスに帰ってきた。金井は今日の練習には姿を現さず、同日のうちに名古屋へ発つ。

今季はここまでリーグ戦6試合に出場し、2得点を挙げていた。本職のサイドバックでは定位置を奪えなかったが、ポリバレントな能力を生かしてセンターバックで存在感を発揮。ミロシュ・デゲネク不在時にチームの支えとなり、得点力の高さでもチームに貢献していた。

名古屋が金井に興味を示し始めたのは2ヵ月以上前のこと。マリノスとの複数年契約を今シーズン終了時まで残しているため、獲得するためには移籍違約金が必要となる。だが中断期間中のメンバー大幅刷新を推し進める名古屋にとって、それは大きなハードルとはならなかった。

一方、マリノス側は放出を固辞。両サイドバックだけでなくセンターバックでもプレー可能な金井を必要戦力と判断していた。当時は移籍前のミロシュ・デゲネクがオーストラリア代表に招集されていたこともあり、中澤佑二と最終ライン中央でコンビを結成。状況にアジャストする器用さと危機察知能力の高さで、欠かせない選手となっていく。

 

 

 

下バナー

(残り 1183文字/全文: 1790文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

tags: pickup 金井貢史

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ