「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

ウーゴ・ヴィエイラは別メニュー調整。胸椎椎間板ヘルニアの杉本大地はリハビリメニュー。下平匠も負傷で練習試合には出場せず [練習試合レポート(vs明治学院大学)]

 

 

川崎フロンターレに敗れて今季初の3連敗を喫した翌日、マリノスは日産フィールド小机で明治学院大学と20分×3本の練習試合を実施した。指揮を執ったピーター・クラモフスキーヘッドコーチが「メンバーに入るためにはコンディションを上げる必要がある」と話したとおり、リーグ戦で出場機会のない選手のゲーム体力を取り戻すことに主眼が置かれた。

フロンターレ戦前日に左ひざを負傷したウーゴ・ヴィエイラは別メニュー調整に終始。ランニングなどで汗を流しており、復帰は遠くなさそう。胸椎椎間板ヘルニアで全治6週間見込みと診断された杉本大地はリハビリメニューを行い、下平匠も負傷で練習試合には出場せず。扇原貴宏も疲労を考慮してプレーしなかった。

 

 

 

下バナー

(残り 345文字/全文: 683文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ